帰還

今朝みたら、居ました。
帰巣本能?

こんな一件があったうしろめたさのせいでしょうか。慣れるものですね。少しだけど。
写真載せます。安全のため、小さく。

苦手な方、鳥の糞だと思ってみてください。

IMG_20180614_055510.jpg

終令幼虫の青イモイモの姿がみえません。
どこかで蛹になってるのでしょうか。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

疫病神

昨日の朝山椒の木を覗き込んだら、いた。
緑のイモイモ。アゲハチョウの幼虫だ。
IMG_20180612_190857.jpg

ほかにはいないかなっとあちこちみてると、ん?この鳥の糞みたいのなに?白黒のまだらのつぶつぶみたいな…。
顔を近づけてじーっと見ると、きゃあ。これもイモだ。
なにこの見ていたくない見かけ。害なすヤツか!ととっさにとりついている枝ごと切り取って、庭の隅へぽい。

しかしどうも気になり夜帰宅してからネットで調べると、ナミアゲハの若令幼虫の姿。え。
緑のイモイモはナミアゲハの終令幼虫の姿。ええ?
そんなのあるなんて知らなかったよっ!緑のイモイモ→蛹→蝶だと思っていた。
翌朝つまり今朝、慌てて捨てたところに行きましたが、くっついていた山椒の一枝がそこになるばかり。若令幼虫は探してみてもみつかりませんでした。

あああごめん。

山椒の木の前に戻り、ほかにもいないか枝葉の奥まで覗き込む。
いないなー。
ああ、それにしても実、たくさんついてる。この実はどうしようか。加工方法また調べなきゃ。と、一枝折り取って実を観察。

え、これは。アゲハの卵らしきものがひと粒実にくっついておる。

そーっとほかの実の枝に差し込んでその場を離れました。
アゲハの疫病神。それはわ・た・し。 …ごめんよ~



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

初めての山椒味噌

正確には味噌ではなく、醤油麹。山椒醤油麹です。

庭に山椒の木があるのに気づいたのは、あれはおととしだったか。
蜂が低い植え込みに巣を作った時でした。
しょっちゅう蜂の巣の観察をしていたとき、その後ろの木にイモイモが付いてるのに気づいた。

これはアゲハチョウのイモイモでは?→ということはこれはミカン科の木?→葉っぱをこすったら山椒の香りがした!

至近距離にハチの巣があるし、気づかれたら蜂に襲われるのでは?という心配をよそに自分の周りの一帯の山椒の葉を食いつくし、忘れたころに見事に鮮やかな羽根模様のアゲハチョウが庭で舞っているのを見たのでした。

そして今年。山椒の存在に気付いたからには利用しない手はあるまい。去年は忘れてたけど。
葉っぱを摘んでフードプロセッサーで粉砕して(粉末にはならなかった)、山椒味噌レシピを参考に、ヨーグルトメーカーで作った醤油麹と合わせてみた。
IMG_20180611_123159.jpg

醤油麹に対して山椒が多いような気もしたけれど、気にせず合わせて砂糖とみりんを入れて加熱しつつ、練る。
スーッとする香りがよく立って、ん~いろんな使い方ができそうです。

ところでこの山椒の木、多分うちで植えたものではない。鳥の落とし物から育ったのではないだろうか。
レシピを探すとき山椒の木についても調べたら、普通実がつくには雌雄二本の木が必要なんだとか?
でもうちのは一本だけ。さらに、山椒の木には棘がある?いや、なかった。

そしたら、一本で実をつけ棘がない『朝倉山椒』というのを見つけました。多分これでは。
IMG_20180611_123415.jpg

しかしこの木、育てるのがとても大変らしい。気まぐれに枯れたふりをしたり、ほんとに突然枯れたり。

えーと、もしかして気づかなかったのは枯れたふりしてたから?
しかしもう気づいた!次は実を加工しよう。
IMG_20180611_123331.jpg

今後の楽しみが増えたゾっと。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

コミスジとペンステモン

30度越え。真っ青な空、吹く風は爽やか。そんな日が二日間続いたその翌日。
縁側のカーテンを開けたら庭をひらひらと舞う二匹の蝶。

ああ。今年も来た。

庭に出ると、あ、あっちにも一匹。どこかにとまらないかなーとスマホ片手に気配を消して動きをじーーっと見守っていたら、止まった。
IMG_20180608_072542.jpg

姿が映えるバラの上。周りの花はカンパニュラ。
ほら、美しく撮ってよと言わんばかり。可愛いよーと一枚。

その日も快晴の爽やかな日でした。


職場に自宅の庭から花を切って持ってきてくれる子がいます。
数日前この花を持ってきて活けてくれました。
IMG_20180608_124501.jpg

見たことのない花。ほかの子たちも、初めて見るねー何だろうと?と誰も知らず。
持ってきた子も、『前、母が貰ってきたんだけど、名前聞いたけどもう忘れちゃったって言ってた』

気になる、すごく。
で、まず自分の園芸本を何冊か引っ張り出して引いてみたけど載ってない。
グーグルさんに花の特徴を入れて丹念に調べてやっと見つけた。

赤い茎のベル型の白(薄紫)の花

あったあった!『ペンステモン ハスカーレッド』というんだ!

夏の高温多湿や長雨による蒸れに弱いものが多い。ほう。
確か山手の冷涼なところからもらったと言っていた、らしい。
『最初の数年はなーんもならなくて、半ば忘れられてたのが2年前ぐらいからやっと咲き始めた』と。
数年かけてそこに慣れたんだね。私も育ててみたい。挿し木で育つらしいから彼女に一枝分けてもらおうかな。

全く関係のない話ふたつ。覚書に。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

何故そんに山にいきたかったのか?

半日休みを取って、地附山公園に行ってきました。
本日の天気予報は数日前から雨。午後から降る→午後3時から雨と推移。しかし昼前からしとしと降り始めてしまった。
歩いて裾が濡れるような強い雨じゃないからいっちゃおーっと。ということで傘さして言ってきました。

久しぶりの地附山。去年の閉山11月23日以来だ。

山に向かういつもの道すがら、沢蟹発見。
IMG_20180531_132339.jpg

去年の夏、グレーチングの横の道端で青白く固まって死んでいたのと同じぐらいの大きさ。でも今日のは生きてる。
写真を撮ってる間じーっとしてて、その後横歩きしながら車道に向かおうとするので慌ててスニーカーで通せんぼ。
ちょっとずつ道端に誘導してきた。

紅葉の寺として有名な寺の敷地を突っ切り、
IMG_20180531_133034.jpg

ゆっくり坂道をのぼり、階段道をのぼり、だめ押しでアキレス腱の伸びをよくよく実感できる傾斜の坂道をよたよたと息を切らして上り、着いた…40分。まあそんなものか、と汗だくだく。雨はいつのまにかやんでいた。

見晴らし台テラスにリュックを置き、後ろに控える山に面すると、思いのほか強く冷たい風が山から吹いてきて、あっという間に汗がひく。
風邪ひきそう
IMG_20180531_140321.jpg

屋根と囲いのあるテラスのベンチでお昼ご飯のアメリカンドッグを食べつつ本を読む。
梨木香歩の『不思議な羅針盤』何度目かの再読。この人の本は野外がよく似合う。

周りが明るくなった気がして顔を上げると、陽が出てきた?
テラスから外に出ると、ああ、山が光っている!
IMG_20180531_143444.jpg

気持ちよくて、あちこちあるきまわり、外のベンチに移動して本を終わりまで読んで、閉門ぎりぎりに下りてきました。今日までは4時半までなんです。6月から8月は6時半まで開いてるんですけどね。

遠目から見えた白い花はヤマボウシ
IMG_20180531_151334.jpg

カラスノエンドウに似た、もっとちいさくてたおやかな名も知らぬ花
IMG_20180531_161511.jpg

斜面には黄色い花の群生
IMG_20180531_161631.jpg

帰りたくなくて、未練たっぷりにぐるりと周りをみまわすと、
これで6月から頑張れる、と頭の中にぽっかり浮かんだ。
そうか、明日から頑張るために、ここに来ることが必要だったのだなあと、そのときわかりました。
ここでひとりでボーっとしている自分の姿が頭から消えなくて、もっと強い雨でも行くことは決まっていた。

帰宅してしばらくすると外は大荒れ。山は灰色の雲に包まれて、びょうびょうと音たてて木々を揺らす大風が吹きはじめ、雨がざあざあ。昼間の晴れが嘘のようだった。今は雨も風もやみましたが。

山からご褒美前倒しでもらったみたいです。明日からがんばるよ。
IMG_20180531_161650.jpg




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR