FC2ブログ

おしまいの風景

6月も半ば近くなり、田植えもすっかり済んで、少年くらいに育った苗が育っています。
うちの南側に広がっていた田んぼ三枚、ついに田植えをしませんでした。

毎年、田植えが他より遅いので、まだかなまだかなと気にしてると、重い腰をよっこらせとあげるように始まるのを見て、ああよかった今年もここからカエルの合唱が聞こえる、と安心するのです。

もちろん育っていく苗を見るのはたのしく、吹き渡ってくる風は気持ちよく、ひとんちの田んぼながら生活の潤いの一部だった。
このためなら、連日朝5時から畦の草を刈るギィィィーンという音も我慢した。

今は茶色い土に緑の草がぼつぼつ伸びて、荒涼とした景色です。

通勤路として歩いていた道を先日久しぶりに歩いたら、田をやめてしまった場所があちこち。
ひとつは草がぼつぼつ。もう一つは整地され4分割されて住宅地として売りに出されていました。

一本の名も知らぬ、でも妙に気になる木がシンボルツリーだったとある畑は、去年の春先だったかにその木が切られたのを見て、ああここも仕舞いなのだなと思いました。
その木の一年の移ろいを見るのが楽しみで、そこで農作業をしている人たちの姿をみるのも、何というんでしょうね、いつもの風景という感じでした。
今は住宅を建てています。

実家にも畑があります。
何年か前に貸していた畑が返されました。長いも農家の方が、もう年でやめるからということでした。
自分ち用の畑では父が趣味でやさいを作っていますが、父も健康面体力面できつくなっているようです。
それでもスイカやかぼちゃをメインにあれこれやっており、この野菜を私たちやご近所に分けるのが何よりの楽しみ。

いつまで自慢のスイカやかぼちゃを『これは美味いかぼちゃだぞ!』とか『小玉は美味い!大きいの…はどうかな』などとうれしそうな顔で渡してくれるだろう。

荒涼とした土地をみる。
でも、カエルは元気よくゲコゲコと鳴いております。


庭の植え込みに女王蜂がせっせと巣作り
巣作り

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

どらこ

Author:どらこ
おもしろそうと思ったら、とにかくやってみないと気が済まない。不器用なくせになんでもやりたがりの記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR