FC2ブログ

園芸の春。

そろそろいいかなと、部屋の窓際で管理していた鉢花を外に出しました。
花がまばらになったアザレアは花が全部おわったら剪定後植え替え。
すっかり花が終わり葉だけになったフリージアはこれから液肥をやりつつ葉が枯れるまで軒下で管理します。
ポリアンは冬越ししたスカビオサの隣りに植え付け。つぼみもまだ上がって来てるし。葉っぱがのびのびと開いてきました。

10年来の懸案事項だった植えっぱなしのラベンダーもついに植え替え。思いのほか根詰まりしてなくてちょっとびっくり。

そんなことをしてたら調子が出てきて、よし、こちらも長らくほったらかしにしていた、使わないプランターの片づけや、土などを置いている棚の中を整理しようか。

…まあ出てくるわ出てくるわ!
陽にさらされてボロボロになった袋をスーパーのレジ袋に入れなおして、さらにボロボロになった袋からこぼれるのを今度は米の袋に受け止めるようにして移し替えた、苦土石灰、草木灰、硫安、鹿沼土、川砂。
辛うじて袋の中に残るピートモス、鉢底の石、腐葉土、赤玉土大粒・小粒、挿し木用の土、ペットボトル入りの木酢液。

10数年前に園芸を始めてどっぷりつかってしまい、家庭園芸士なる資格も取っちゃいました、通信講座で。
あの頃好きで始めた勉強だったから、自分でも驚くほど、乾いた砂に水が沁み込むようにとはこのことだと思うほど、いろんなことを覚えました。

車は色でしか見分けられない私でも、自分で調べた植物なら科でも生息地域でも管理の仕方でも覚えられます。
園芸の極意は種から育てること。そして一番合う環境で出来る限り長生きさせる。花を咲かせるまでの手間暇が一番の楽しみでした。
ちなみに当時の愛読書は 『園芸の極意』 江尻光一。園芸の心の師匠でした。

種育ち
ローズマリーの花。薄い紫。白く飛んじゃってますけど。
この春は何年かぶりに木全体にまんべんなく花が付きました。
庭の春 (6)

植え替えしたラベンダーもそういえば種育ちだった。

ヒメリンゴ。
数日前は濃いピンクのつぼみだったのが、今は真っ白い花がこぼれる。
庭の春 (5)

去年は虫が大発生し、気づいて駆除にかかった時には手遅れで、ついたつぼみも辛うじて実った実も齧られて悲惨なありさまでしたが、
今年はすごい!特に何もしてないのに。

アップ。
庭の春

そんな風に燃えていたので、学んだ内容を実践で試してみたかったんでしょうね。当時は土づくりからやってましたから。
鉢とプランターだけの園芸で苦土石灰5ℓ入りなんて、多いって。

この春は種を蒔く予定もなく、今ある花木の現状維持に努めるつもりでしたが、先日実家からじゃがいもをもらってきましてね。
古くて芽が出てるから気を付けてよく取って食べてねと渡されたじゃがいもは、しわしわの皮から立派な芽が出ています。

この芽、植え付けると収穫できるんじゃないの?
以前読んだ漫画  『とりぱん』とりのなんこ にそんなくだりがあったことを思い出しました。
野菜くずを捨てている庭の片隅から、発芽し育った野菜らしき葉を見つけ、観察しつつ収穫したら、美味しかったと。じゃがいもはごろごろ出来たと。

こりゃあやってみないと!
春の園芸に張りができました。うふふ。

ハナズオウ
庭の春 (7)

これは好きな花木。
木枝に直接花がつくので初めてみた時に不思議な思いでまじまじ見てしまいました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

どらこ

Author:どらこ
おもしろそうと思ったら、とにかくやってみないと気が済まない。不器用なくせになんでもやりたがりの記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR