がんばれ、らんちゅう

らんちゅうがひどく弱っているのに気づいたのは先週の月曜日の朝。
今にも死にそうに見えて、涙目になりながら相方を呼びに行き、
早くみてやって、と。

かれこれ7,8年前に仕事関係の人からもらった数十匹のらんちゅうの子。よりよいらんちゅうを育てるために選別され、はじかれた子ら。4匹が大きく育ち、最終的に一匹残り、その一匹が今死にかけている。赤い色が抜けて、頭の上が剥けかけて。

相方がおもむろに塩の入れ物を持ち、匙一杯を水槽に投入。
 塩を入れるとどうにかなるの?

元気になる、こともある。今入れたのはかなり少なめだからまあ気休め程度だな。

さらにぶくぶくも投入して水槽の水に酸素を送り込む。これをやるのは非常事態。
普段はフィルターを通した水の循環だけで十分なんだそうです。

酸素濃度が上がったのが効いたのか、直ぐにも死んでしまうかと思われたらんちゅうは、水槽の右側底から左上、右上と居場所を変え、ななめったり背中を向けたりお腹を向けたりしながら踏んばっています。
エラは動き、ひれを動かす。ひん死なのに、妙に元気。
そんな姿を見ていると、ちっきには言えなかった言葉が頭に浮かぶ。

がんばれ。 がんばれ、らんちゅう。動きが止まるその時まで。

そんな姿を評して相方が言った。

 元気に死にかけてる。

その通り。上手い!と思いました。

そんな様子をみて、今日相方が決断して水替えをしました。

今、泳いでいます。微妙に斜めっているけれど。ほとんど平らに浮いていたのが嘘のよう。

がんばれらんちゅう。 生きろ!


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR