FC2ブログ

旅の途中

先日ランチに行ってきました。2度目です。
彼女とはランチ行こうねと言い続けて2年越しに実現しました。
きっかけは私が仕事をやめたことを年賀状で知って、えーっということで。
これがなかったらまだ実現していなかったと思います。

やめてこれからどうするの?と聞かれ、しばらくはゆっくり休むよと言うと、
『旅に出ないの?』
旅?
『うん。てっきり、ひと月ぐらい旅に出るって言われるかと思った』


考えなかったわけじゃありません。
相方とゆっくり旅行いこうかなあ。でも出不精の相方誘っても即断られるのは判ってるしなあ。
一泊温泉旅行…一泊なら行かなくてもいいや。それに猫もいるからどっちみち何日も家空けるのムリだし。
と、自分の中で却下。

仕事をやめたいと思い続けていた頃は、遠くに行きたいとそればかり考え続けていました。
その時遠くにいる自分はいつもひとりで気ままに移動しているようです。
独身の頃は行き当たりばったりのバイクツーリングに行ったりしてましたが、今はしたくても出来ません。
あの頃は本当に若かったなあ。自由で、こわいもの知らずでさ。

最終的に、この場所からいなくなりたいと思い詰めていたので、念願かなった今はどこかに行きたい気持ちはきれいさっぱり消えました。今はここにこもっていたい。寒いしね。

別れ際、どこかに旅に行ってよ!と念押し?され、彼女の中で私はどういう人間になってるんだろう?
詳しく聞いてみたいものです。

ランチの約束の時間の前に早めに家を出て、本屋さんをぶらぶらしていて衝動買いした本。
詩集 (2)

衝動買いした要素三つのうち二つの要素は表紙にあります。
1.中島みゆきのエッセイ付き。
 谷川俊太郎を熱愛している中島みゆきのラブレター。
2.帯の詩。『朝のリレー』は大好きです。
そして、中を開いて最初に目に飛び込んできた詩にやられました。

3.黄金の魚
 Der Goldfisch 1925-37

 おおきなさかなはおおきなくちで
 ちゅうくらいのさかなをたべ
 ちゅうくらいのさかなは
 ちいさなさかなをたべ
 ちいさなさかなは
 もっとちいさな
 さかなをたべ
 いのちはいのちをいけにえとして
 ひかりかがやく
 しあわせはふしあわせをやしないとして
 はなひらく
 どんなよろこびのふかいうみにも
 ひとつぶのなみだが
 とけていないということはない

ほかの詩も染み入るように入ってきて、目を見開きながら立ち読みし、多分持っている詩集の中にこれらはほとんど収録されているとは思うけど、この本じゃなきゃダメなんだ、と思い込んでレジに直行。

詩集 (1)

奥付を見ると第一刷は18年前。載っている谷川俊太郎の写真も若くていい男です。

これも縁ですねえ。

読了  深夜特急3 インド・ネパール 沢木耕太郎 新潮文庫

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



comment

No title

前の仕事の旅を終えたあとなので、すっと染みわたってくるのでしょう。
暖かな春が訪れたら、裾花観光のちょこっとトリップなどを利用して、気軽な旅にでてみたらいいかと思います。

マウントエレファントさま

日帰りバス旅行は良いですね。
一日なら一人で気軽に参加できますし。
新芽が萌え出ずる新緑の季節が待ち遠しいです。
Secret

プロフィール

どらこ

Author:どらこ
おもしろそうと思ったら、とにかくやってみないと気が済まない。不器用なくせになんでもやりたがりの記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR