未知の世界へようこそ!

前々回の記事で書いた大根漬け2種類、今美味しく食べてます。

ひとつは 大根と赤ピーマンの壺漬け。
イチョウ切りにしたのを一晩塩漬けして、二日ほど干し、お醤油みりん砂糖の調味液にドボンして冷蔵庫に置く。
干しあがった段階でポリポリ食べてお美味しかったです。調味液に浸けたらしょっぱくなりすぎたような。
何かにトッピングしたらちょうどいいかも。

もひとつは黒砂糖漬け。
縦に四分割したのを一晩塩をまぶして、上がってきた水から引き上げ良く拭いて、細かく砕いた黒砂糖をまぶして重りを乗せる。
ほんのり黒糖の味のする甘じょっぱい味で、お茶請けにちょうどいいような。

この黒糖液、再利用できないかと思案中。200gもの黒糖が溶けてるの、一度きりで捨てるのは嫌だ。煮詰めるか。佃煮液のときのように。


で、話はがらっと変わって、本日美容室に行ってきました。4か月ぶりです。
3月に入ったあたりから、縮毛矯正で押さえているボリュームとクセが出始めてきて行かなきゃなあと思い、予約とれたのが今日だったんです。まさに3週間待ちました。
その間、職場の女性たちはもう次から次へと皆さん髪を切る人続出。しかも長かった人がばっさり!のパターンが多い。なんか私も切りたくなっちゃってーとか言って。うつるんですかねそういう気持ちって。数えたら9人。今日の私を入れて10人です。
ひとりなどは背中真ん中より下まであったのをばっさり。なんでも髪を提供するボランティアに協力してきたんだそうです。それは30cmないとだめなんだとか。うなじが見えるほどすっきりの髪形になりました。

私はといえば、相変わらず伸ばしているので切ったのは毛先を整える程度。
伸びましたねー。どこまで伸ばします?と担当のお兄さんに問われ、
「切る気になるまで!」
前の夏、暑いさなか汗だらだら流しながらウォーキングしてたときも切る気にならなかったので、こりゃあ先は長いぞと覚悟はしていますが。

この年下のお兄さんと話すのが美容院に行く一番の楽しみ。
今日もいろんな話をしているうちに、この本を薦めたくなりました。

ヨシタケシンスケの絵本
ヨシタケシンスケ (2)

ヨシタケシンスケ (3)


このひとイラストレーターなんですが、描いた絵本が3作立て続けにMOE絵本屋さん大賞を受賞。

買ってしまった4月号
ヨシタケシンスケ (1)

そのおおまけ絵本
ヨシタケシンスケ (4)

さっき美容院の帰りに本屋さんに寄ったらコーナーができてました。
まだ読んでない絵本を立ち読み、ひとりでにやりとしたり、ぐっときたり。

代表作の「りんごかもしれない」はひとつのりんごを見て、食べようとしてふと思う。
りんごじゃないかもしれない、心があるかもしれない、きょうだいがいるのかもしれない、…あらゆる思いつくことを描いていく。
こういう発想はすごいと思う。女脳からは出てこない、男脳の代表みたいな発想。
この絵本のおもしろさ特異さを誰かに教えたいんだけど、これは女より男に薦めたい、と思っていた時に、今日彼と話をして、ああこの子にドンピシャ!
いい年の好青年をつかまえてこの子もないもんですが、かるーくひと回り以上年下だとまあそいういう感覚。いやだわ、おばさんみたいじゃないの。

で、普通の話はどれだけできても、好きな本の魅力を伝える言葉はなかなか出てこないのわたし。
気持ちが空回りして、とにかく読んで!と投げてしまう。
今回は頑張って伝えたら、優しい彼は興味を示してくれたので、作者と書名をメモに書いて渡してきました。
きっと楽しんでくれると信じて。

それともうひとつ。
ももんちゃんシリーズというのがあり、これは赤ちゃん絵本なんだけど、これがもう可愛くてかわいくて!
見ているだけで気持ちも頬もほころんでくる。
今13冊ぐらいでてるのかな。思わず大人買いしそうになりました。思いとどまりましたが。今度甥っ子に贈ろうと思います。
これも彼に薦めてきました。まあこれは勢いってことで。
ちなみにこの絵本の作者も男です。見事に正反対な絵。やっぱ買おうかな。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

comment

No title

オススメしたくなるほどの本があるのはステキですね。
シンプルでユーモラスな画風とそれにあった内容。
面白そうです。

マウントエレファントさま

面白そうとおもってくれましたか!
ならば立ち読みでいいからちょっとぱらぱらしてみてください。
その時間、無駄にはなりませんから!
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR