生まれ変わったら

よくある話題です。先日多分ラジオで小耳にはさんだ。
その時この問いに対して、人ではないものを上げていたのを聴いて、ああ、男がいいか女がいいかという問いではなかったと気づき、ならばと私も考えてみました。

因みに友人の男はこの話題になると、女と生まれてやってみたいことがふたつあるんだ!と力説します。
ひとつは巫女さんの格好をしてみたい。 はあそうですか。
もひとつは、赤ん坊に自分のおっぱいでお乳を吸わせてみたい。

その昔自分の子にお乳を含ませている妻を見て、ものすごくうらやましかったんだそうです。
こればかりは試すことは不可能ですもんね。お乳を吸われている瞬間の感覚を味わうというのは。

こどもの頃は立っておしっこしてみたいという有りがちな理由で男の子に生まれたいなどと答えたこともあったけど、大きくなるにしたがって、男ってものすごく大変な生き物だということうを知るようになり、立っておしっこできるぐらいじゃ割に合わないと知る。
じゃあ女は楽かといえば、そんなことは絶対にない。男も女もそれぞれの大変さってあるよねとまとめる話ではなし、ならば生まれ変わるなら人ではないものがいい。

これも昔は猫がいい、一日のんきに過ごせるからと思っていましたが、今はそうも思わなくなりました。

生まれ変わるなら。
樹齢千年の大木になりたい。人に見つからない奥のほうでひっそりと生き、ひっそりと朽ちていく。土に還ったら次の生き物の糧になる。その繰り返しの輪に入りたい。
思えば私が常に横に置いている本、その中にこんな描写があります。

IMG_20170205_175536.jpg

IMG_20170205_175523.jpg

まさに私の理想。

そのくせ好奇心というものは衰え知らずで、やってみたいことはたくさんある。
今日も半日家にこもってクックパッドで見つけた簡単お菓子のレシピを試していました。
IMG_20170205_175631.jpg
 たまごぼうろとサクサククッキー

あれもこれもやってみたくて興奮している自分はとても充実していると自覚しています。
明日はそもそもの目的であったブラウニーを焼いてみる予定。
生地の上に板チョコを割って押し込んで焼く、というのを今日煮たリンゴを押し込んでみるつもり。ざるに載せて一晩外の冷気に当てたやつをね。

初めてをやってみるということに関して異様にテンション上がる最近の私。やりたいことしかしたくない生活への憧れが強化されている気がする。
その反動ですかね。樹に生まれ変わりたいと思うのは。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR