FC2ブログ

あの頃への扉

先週末の連休から天気予報はずっと雪でしたがほとんど降らず。
このまま外れ続けておくれと願っていましたが、昨日の朝からもさもさ降り。今日も一日降っています。
NHKのテレビ画面は朝から情報を青枠で流していました。今は消えましたが。
今(夕方4時)の気温は長野市は-4,3度。今朝の最低気温と同じです。この後もっと下がる予報です。こたつからでているこの右手は冷え冷えです。積雪は11cm。

何で毎年この日程でセンター試験やるんでしょうね。悪天候の特異日と化してます。前か後にずらせばいいのに毎回思います。
今回このセンター試験に友人の娘が挑んでいます。
昨日はその兄が成人式で、県外で行われる式に出席するため友人夫婦は朝早くから出かけていきました。よりによって大雪警報が出ている地への出発でした。ぎりぎり間に合ったようでよかった。

生まれた時から知っている子どもたちなので、何か感慨深いものがあります。赤ちゃんだった子らが、今自分の進路に悩みつつ成長してここにいる。
今のこの子たちと同じころの自分を思うと、当時と心持ちは変わっていなくて昨日のことのようにその光景が広がる気がするのに、それはこれまでの間に脳が加工した記憶で、それが『思い出』というものなのでしょうね。

お正月に買ってきた今江祥智のショートファンタジーを少しづつ読んでいます。
IMG_20170114_112906.jpg

やっぱり子どもの本は字が大きくていいです。
読みやすいというのはもちろんだけど、和田誠の挿絵も楽しめるし、何より子どもと同じものを読んでる感じがいい。
同じ中身でも文庫本に収められてる童話は読んだ気がしなくて。

それにしても、今江祥智の童話ってシュール。それとも童話ってこういうものでしたっけ。
子どものころはその感じが好きで何度も繰り返し読んだと思うんです。和田誠とか長新太の絵も大好きで、この絵だから読んでいた、ともいえる。

今この年になって改めて読むと、大人がこれを書いたということに驚くばかり。
私は頭も考え方も固くて柔軟性がなく、想像力がなく、超保守的。
大人になる間にそのような脳になってしまったのでしょうね。子どものころは童話作家になりたいなんて夢見てたころもあったけど。

今読む今江祥智の童話はそんな私の脳を少しづつ解してくれるよう。
この人のお話にはこの人の大好きなイヴ・モンタンとか戦艦ポチョムキンとか、ルイ・アームストロングとかが普通に登場します。
きっと子ども向けに書いてるという意識はなかったんだろうな。
この人の作品で出会ったモンタンやルイで、私はシャンソンやジャズと出合った。最初に買ったカセットテープは中学の時、ルイ・アームストロング楽団の曲だった。

子どものころに読んだ本、今こそ読み返してみようと思います。
新たな発見が続々出てきそうです。

雪の景色
IMG_20170114_113050.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR