FC2ブログ

糸を紡ぐ

松葉屋さんから催し物のお知らせがありました。
そこには糸紡ぎのワークショップのご案内が。

とっても魅力的。糸車の実物を見たこともなく、もちろん紡いだこともありません。だからこそやってみたかった。興味津々!
教えてくださったのは糸や十糸(といと)さん。
ご自分で紡いだ糸を染め、織ったり編んだりした品を販売もしています。

まずは糸車で羊毛をつむぐ姿を見せてもらったあと、自分も糸車の前に座って羊毛をつまみ出してをセット。
右側にある糸車を右足でペダルを押し込みながら回し、左側にある羊毛を糸状に撚る部分で両手を使う。私には高度すぎる操作です。

『手足同時に操作するのは最初は難しいから、私が糸車を回しますからまずは手の操作からやりましょう』

助かった。
とはいえ、難しいことに変わりはなく、変に力ばかりはいって羊毛を押さえる左手親指が痛くて力が入らなくなってきました。
糸を紡ぐのにこんなに力はいらないはず。
私の様子を見ながら的確なアドバイスをしていただき、その言葉の意味が身をもって理解できた瞬間は、ああさっき言われたのはこのことか!とすごくうれしい。
が、解ったと思った次の瞬間にはすでに路頭に迷っているという感じで、3歩進んで2歩下がるとはよく言ったもんだと頭の片隅で先人の言葉に感心しつつ、もう必死です。

2本目糸は足も一緒にやってみましょうと言われ、待ってました!とばかりに手足同時にやってみたものの、やっぱり思うようにはいきません。さっきそれなりに紡げたと思ったのは、十糸さんがリズムよく糸車を回してくれていたからでした。

自分でペダルを踏むと早く回し過ぎてしまい、羊毛を引くのが間に合わずに撚りがかかりすぎてしまい、糸車で糸を紡いでるという状態になっていない。…って、まったくやったことのない人には意味不明でしょうね。すみません。

ともあれ何とか2本分を紡ぎ、この2本を合わせて今度は逆方向に撚りをかけていくと、毛糸になります。
それがこれ。
糸を紡ぐ (4)

糸車
糸を紡ぐ (1)

終わった後にホットチョコレートでホッと息。
糸を紡ぐ (3)
 手のひらで包みたくなるかたちの器。卵みたいにコロンとした。

ひと口飲むと、体中から力がふわ~っと抜けていくような。どんだけ力入ってたんだ。
松葉屋さんの女主人、佳子さんが言ってた。
『糸紡いでいるといつのまにか2時間ぐらい経ってて、その間は頭の中が真っ白になってて、ストレスがすーっと無くなってる』

それはとても気持ちのいい状態だと思う。
今回の私の体験は、糸紡ぎの入口に立ってごめんくださ~い、と言ったところまで。
十糸さんは喜んで招き入れてくださるので、またつぎの機会があったらぜひともやってみたいと思います。
ほんとはすぐにでもまたやりたい。

十糸さんが紡いだ糸
糸を紡ぐ (2)


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR