未知の世界へようこそ!

前々回の記事で書いた大根漬け2種類、今美味しく食べてます。

ひとつは 大根と赤ピーマンの壺漬け。
イチョウ切りにしたのを一晩塩漬けして、二日ほど干し、お醤油みりん砂糖の調味液にドボンして冷蔵庫に置く。
干しあがった段階でポリポリ食べてお美味しかったです。調味液に浸けたらしょっぱくなりすぎたような。
何かにトッピングしたらちょうどいいかも。

もひとつは黒砂糖漬け。
縦に四分割したのを一晩塩をまぶして、上がってきた水から引き上げ良く拭いて、細かく砕いた黒砂糖をまぶして重りを乗せる。
ほんのり黒糖の味のする甘じょっぱい味で、お茶請けにちょうどいいような。

この黒糖液、再利用できないかと思案中。200gもの黒糖が溶けてるの、一度きりで捨てるのは嫌だ。煮詰めるか。佃煮液のときのように。


で、話はがらっと変わって、本日美容室に行ってきました。4か月ぶりです。
3月に入ったあたりから、縮毛矯正で押さえているボリュームとクセが出始めてきて行かなきゃなあと思い、予約とれたのが今日だったんです。まさに3週間待ちました。
その間、職場の女性たちはもう次から次へと皆さん髪を切る人続出。しかも長かった人がばっさり!のパターンが多い。なんか私も切りたくなっちゃってーとか言って。うつるんですかねそういう気持ちって。数えたら9人。今日の私を入れて10人です。
ひとりなどは背中真ん中より下まであったのをばっさり。なんでも髪を提供するボランティアに協力してきたんだそうです。それは30cmないとだめなんだとか。うなじが見えるほどすっきりの髪形になりました。

私はといえば、相変わらず伸ばしているので切ったのは毛先を整える程度。
伸びましたねー。どこまで伸ばします?と担当のお兄さんに問われ、
「切る気になるまで!」
前の夏、暑いさなか汗だらだら流しながらウォーキングしてたときも切る気にならなかったので、こりゃあ先は長いぞと覚悟はしていますが。

この年下のお兄さんと話すのが美容院に行く一番の楽しみ。
今日もいろんな話をしているうちに、この本を薦めたくなりました。

ヨシタケシンスケの絵本
ヨシタケシンスケ (2)

ヨシタケシンスケ (3)


このひとイラストレーターなんですが、描いた絵本が3作立て続けにMOE絵本屋さん大賞を受賞。

買ってしまった4月号
ヨシタケシンスケ (1)

そのおおまけ絵本
ヨシタケシンスケ (4)

さっき美容院の帰りに本屋さんに寄ったらコーナーができてました。
まだ読んでない絵本を立ち読み、ひとりでにやりとしたり、ぐっときたり。

代表作の「りんごかもしれない」はひとつのりんごを見て、食べようとしてふと思う。
りんごじゃないかもしれない、心があるかもしれない、きょうだいがいるのかもしれない、…あらゆる思いつくことを描いていく。
こういう発想はすごいと思う。女脳からは出てこない、男脳の代表みたいな発想。
この絵本のおもしろさ特異さを誰かに教えたいんだけど、これは女より男に薦めたい、と思っていた時に、今日彼と話をして、ああこの子にドンピシャ!
いい年の好青年をつかまえてこの子もないもんですが、かるーくひと回り以上年下だとまあそいういう感覚。いやだわ、おばさんみたいじゃないの。

で、普通の話はどれだけできても、好きな本の魅力を伝える言葉はなかなか出てこないのわたし。
気持ちが空回りして、とにかく読んで!と投げてしまう。
今回は頑張って伝えたら、優しい彼は興味を示してくれたので、作者と書名をメモに書いて渡してきました。
きっと楽しんでくれると信じて。

それともうひとつ。
ももんちゃんシリーズというのがあり、これは赤ちゃん絵本なんだけど、これがもう可愛くてかわいくて!
見ているだけで気持ちも頬もほころんでくる。
今13冊ぐらいでてるのかな。思わず大人買いしそうになりました。思いとどまりましたが。今度甥っ子に贈ろうと思います。
これも彼に薦めてきました。まあこれは勢いってことで。
ちなみにこの絵本の作者も男です。見事に正反対な絵。やっぱ買おうかな。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

我が家の花たち

今日も暖かかったです。体でちゃんと実感しました。
仕事で室内に居るとよくわからないんですよね。
歩きに行ったら暑くて上に着ていたフリースを脱ぎました。帰りは風を受けている正面肩は冷えてるから着たいのに、それ以外は暑いので着るに着られずそのまま帰ったら、体全体微妙に冷えました。
それに、家の中は寒い。

植物たちも外に出して風に当てます。
休みの日しか出してやれないからね。

今年はひときわ花穂がたくさん上がってきたフリージア。
IMG_20170319_121236.jpg

花後に球根の堀上も何もせず、そのまま軒下で乾かして、そろそろかなーという頃に水やり再開。
こんな手抜きなのにこんなにりっぱになって!
ちゃんと掘りあげ植え付けした母のフリージアは全滅したそうです。何故?

こぼれんばかりのアザレアに、
IMG_20170319_121304.jpg

シクラメン。
IMG_20170319_121001.jpg

いつもの面子。
ありがとう毎年花咲かせてくれて。

花を咲かせたローズマリーの小枝。
IMG_20170318_065021.jpg

去年ぽきりと折ってしまったローズマリーの小枝をオリヅルランと一緒にカップに挿して置いたら、つぼみを作って花を咲かせました。
ただ水を足していただけで栄養らしきものは何もくれてないのに。
不思議だ。

軒下で越冬した多肉。
IMG_20170319_121156.jpg

こんなのが幾鉢かあります。
もうちょっと整えてやらないとさすがに気の毒か。この春は頑張るからね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

豆と漬物の日々。

先日紹介した白あずき、相方に粒あんに煮てもらいました。

IMG_20170311_130830.jpg

白くない。灰色と茶色が混ざったような。でも味は普通のあずき。
甘さも塩味も絶妙で150gぽっち、私ひとりでぺろりと食べちゃいます。実際半分食べちゃいまして。

これじゃいかん、相方にも食べさせなければと、ちょっと加工してみた。
砕いて香ばしく炒ったクルミと粗く刻んで洋酒に浸けた干しブドウをあんこに投入、蜂蜜も加えて鍋で練る。
ラップにのせて平たく伸して、ざるにのせ外で干す。
表面が乾いたと思ったら一口の大きさにちぎって裏を返してじかにざるにのせ、さらに干す。
IMG_20170313_180253.jpg

思い付きの自己流ですし見た目地味ですが、美味しくなる素材満載
(私的には)なので、これもきっとすぐにぺろり。
いや、これは相方に。もちろん私も食べますけど。

先日実家から紫花豆の平たく潰れたやつ、ぺちゃ豆というらしいですが、それをもらったので、こちらも近々煮てみようと思います。
そして今夜、黒豆ご飯を炊いてみました。

炒った黒豆を普通の水加減した米にのせて塩を少々振り入れて、
普通に炊く。
IMG_20170315_193041.jpg

美味しかったですよ。見た目を華やかですしね!


とここまで豆づいているところに今度は漬物づいてる日々。
図書館で漬物の本を借りてきたのと、実家から冬越しの大根をゴロゴロとたくさんもらったのがほぼ同時。
今、本を見ながら各種大根漬けをはじめいろいろ試しているところです。

この本、買わなきゃだめだな。
IMG_20170313_163203.jpg



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村


花筏

今日も朝から晴天で、風もなくぽかぽかのウォーキング日和。
次はこっち!とまた別のウォーキングコースを歩いてきました。
急坂をのんびり上りリンゴ畑を抜けてに木々がうっそうと茂る道に入っていくと、思った通り、雪がまだかなり残っていましたよ。

この先のカーブを曲がると道の真ん中にも残っていましたが、通り抜けるのに支障はなし。
IMG_20170313_101915.jpg

日陰の道をそーっと抜けると今度は思いっきり日当たりのいい道に出ます。

りんご畑と道路の間に流れる側溝にふと目をやると。
IMG_20170313_101358.jpg
この紫がかった落ちた花はなに?

側溝から視線を上げて何が咲いているのかと見ると、
オオイヌノフグリだ。
IMG_20170313_101316.jpg

オオイヌノフグリの花筏。
優雅だなあ。いいもの見させてもらいました。

山の畑の敷地に咲くオオイヌノフグリは総じて花が大きいような気がします。花の色も濃くてね。
IMG_20170313_101055.jpg

思えば、昨年ウォーキングを始めたのは7月。この季節の姿を知りません。芽吹きの前から観察できるんです、この道々の木々や草々を。
ひと冬それを楽しみに、ウォーキング再開を楽しみにしていたのです。ドキドキするわ。

夕べの満月
仕事帰り、ふと見上げた東の空の低いところにレッドむーん
IMG_20170312_183332.jpg

右下の明かりは平屋のお店の看板の明かり。

うすぼんやりと霞がかっていた赤い月は、それから数時間後にはすっきりと黄色く、天空に近いところで輝いておりました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ウォーキング再開!

朝、カーテン越しに晴天を確信したので、よしっ今日は歩きに行くぞと寝起きとともに決定しました。
カーテンを開けてみると、確かにまぶしい陽がさしていたけどどうも雪が降った様子。ザクザクの粗い雪がうっすら。
直ぐ溶けてしまいましたがね。その後もちらちら雪が舞い散る中、出発です。

毎朝手前のバス停で降りて職場まで25分歩くようにしてるけど、やっぱりなじんだウォーキングコースは気持よさが違います。
ひと冬の雪の重みで荒れ気味の木々、夏になると一面葛に覆われるであろうのっぱらは、今は茶色く枯れ果てた草に覆われています。
枝ばかりで見通しのよくなった木々越しに、たまに寄る神社の背面を発見。これまでそこから見えるなんて知りませんでした。

ふと見上げれば、坂の上に立つお宅の庭木が熊の頭に刈りこんであるのを見つけました。
あ、プーさんだ!ととっさに思いましたから、たぶん熊です。
たまたまその角度で、たまたま見上げたからこその発見で、それまで何度も通った道なのに知らなかった。
通り過ぎて違う角度から見ればちょっと段々のある刈り込みにしか見えなかったし。
今度写真撮ってきます。

軽快に歩いていると立ち止まって写真を撮るのも後回しになっちゃうんですよね。
そんな気持ちだったので、オオイヌノフグリの花も撮りそこねてきました。
普通水色のこの花、薄く紫がかった色合いのを見つけたのです。この先にも咲いてるだろうと歩き続けていたら、帰り道にはオオイヌノフグリ自体を見かけませんでした。
どこにでも咲いているようで、どこでも咲いてるわけじゃないんですね。

コースにある神社やお稲荷さんにもウォーキング再開の挨拶をして、これからの芽吹きの季節を見守りながら山道歩きを満喫しようと思います。

帰り道に見つけた塀際の。
IMG_20170311_112502.jpg

雪の溶けた水滴がキラキラしていました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

煮豆の日々

煮ましたよ、パンダ豆。相方が。

モロッコ豆・パンダ豆
向かって左が前私が煮たモロッコ豆。 右が相方が煮たパンダ豆。

甘く柔らかく煮えていて、悔しいが美味い。そういう所は私素直なので、美味いねと伝えました。
その前に私が作ったガトーショコラを『なんだこのすかすかした味』とけなされたあとだとしても。
私にはそんな間抜けた味には感じられないんですけどね。一口食べて、お酒が効いてたらもっと美味しいかもと思ったので、
今度はブランデーをたっぷり吸わせた干しブドウをぎっしり入れて焼いてみようと思ってます。

それはともかく。
農産物直売所でまた見たことのない豆を発見。白小豆。白小豆?そんなのあるんだ。
豆、白あずき

150g150円。最後のひと袋。これは買うでしょう。そうでなくとも初めて見たもの。

調べてみると、
『味は普通のあずきと同じらしい。ただ、ごく一部の地域でしか作っておらず、
希少で生産量が少ないため、価格が他の白い豆と比べ高価でしかも安定せず、時には信じられないぐらい高騰する。
本来が小豆の一種であるため白餡としてみた場合、色が白さの点で見劣りする。(あんこの商品紹介 一般の方向け)』
と、製餡所のホームページから引用させてもらいました。

味が赤い大豆と同じ味でみためが白。不思議な気分になりそうです。

ということで、相方に託しました。
多分、一つ一つの作業が丁寧なんだと思うんです。相方の仕事は。
私はいつも時間に追われてご飯だ掃除だとやってるので、この追われてる感がくせになってる気がします。
だから休みの日なのにゆったりした気分で豆を煮ることができない。

煮てるあいだ一時間あるからその間に何をやるかにをやる、って考えちゃうんですよね。手抜きと効率第一。
このバタバタ感が調味料に加わると、何か足りない仕上がりになるんだろう、か?

昨日の晩から浸し豆を戻しています。
もう15時間以上浸けてるけどまだ微妙にしわが残っている。しっかり戻るのを待って煮ようと思います。
半分は塩味に、半分はお醤油と砂糖で甘辛く。ああまたひとりでばくばく食べ過ぎそう。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR