ギャッベ 番外

松葉屋さんに入って左側の日当たり良い壁に掛けられていたこのギャッベ。
h28ギャッベ展・秋 (1)
 左下がガラス越しの日差しの反射でで消えてしまいました。

この文様は『窓』。意味は幸せ、恵みの入口
真ん中の文様に描かれているのは『生命の木』意味は、長寿、健康、子どもの成長を願う。

今この文様を紙に起こしてブランケットを編み始めています。
生まれたばかりの甥っ子、兄の次男のお祝い用です。
どんな柄、どんな編み方がいいか調べていた時にこのギャッベを見つけてこれがいい!とテンションあがり、さっそく毛糸も買ってきて、昨日から編み始めました。

我ながら無謀とも言える試みです。
正月に兄一家に会うまでに編みあがるでしょうか…

挑戦あるのみです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

松葉屋秋のギャッベ展  ~今回のお気に入り~

さて、1階のギャッベを見ようかな。

階段下りていく途中でパチリ。
h28ギャッベ展・秋 (8)

一番右端の白いギャッベ。
h28ギャッベ展・秋 (7)

店に入ってきたときから目が惹きつけられていました。
白という色もさることながら、この柄は何だろう。
お店の人に聞いてみると、わからないんですよ、とのこと。

ギャッベの柄にはそれぞれ」意味があります。
h28ギャッベ展・秋 (3)

これらの柄の組み合わせと、自分の内側から湧き出る独創性の組合わせで織られていく。それが織子さんの個性。
このギャッベも基本の柄は織り込まれているらしいですが(私にはよくわからなかったけど)織子さんの独創性が勝った作品ではないか、とのこと。

でもこれ結構前からここにありましたよ。
え、マジですか。何で気づかなかったんだろう、今までの私。

店内入って右側の壁のギャッベ。
h28ギャッベ展・秋 (6)

このおひさま、ほのぼのしてて印象的。

ミニギャッベもたくさん積んでありました。
気になったのはこの3点。
h28ギャッベ展・秋 (2)

h28ギャッベ展・秋 (5)

これはい通常のサイズより大きめのギャッベ。
h28ギャッベ展・秋 (4)

通常サイズが椅子の上に載せてちょうどなサイズなら、
これは座布団よりちょっと小さいぐらいのお尻がはみ出さない大きさ。
このサイズはあんまり作られないらしく。今回良いのが数多くそろっていたのだそうです。

松葉屋さんでの楽しみは店員さんとのおしゃべりも。
顔なじみにお兄さん、編み物するんだそうです。

かぎ針編みの基本しかできないけど自分の帽子を作ってみた。
がどうにもうまくいかず、平面に編んで閉じてみればどうだとやってみたらけどどうやっても帽子の形にならなくて、処分もできずにしまい込んである…て、それ私のこと!

帽子じゃなくてフードになっちゃうのよ!
あ、そうそう!

松葉屋さんのギャッベ展、いつも楽しく新しい発見があります。

〔ゾランヴァリ・アートギャッベ〕
大地と空、火と草色のじゅうたん展
11月6日(日)まで開催中


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村


松葉屋秋のギャッベ展  ~ギャッベのある風景~

今月22日(土)から開催中のギャッベ展に行ってまいりました。
一枚も見逃すまいと、店内に重ねてあるギャッベをすべてみていたのはちょっと前までのわたし。
黄金の野原色のギャッベを手に入れた一年前のギャッベ展以降、むさぼるような見方はしなくなりました。
もっと余裕のある、まなざし っていうか。

今回に至っては、見に行ったというよりギャッベのある空間を味わいに行ったという感じ。
最初からそういうつもりだったというわけじゃなく、私が行ったお昼12時を回った直後のその時間、私一人しかお客がいなかった。

1階はミニギャッベから玄関マット、キッチンマット、150cmぐらいの使いやすい大きさのギャッベがあちこちに重ねられています。
2階は200cm前後の大きいサイズのギャッベが3ヵ所に分けて重ねられています。

私が選んだのはこの中の一番上から2枚目にあったギャッベ。
だからというわけじゃないけれど、松葉屋さんに来るとまず2階に上がる。
靴を脱いでギャッベの上を歩き回り柔らかくしっとりした感触を足裏で確かめる。
階段を上がって正面の壁にかかっている緑色のギャッベに惹きつけられるように近づいて前に立つ。

引き込まれそうな深い色。
黒く見える縁の部分も濃い緑。
h28ギャッベ展・秋 (14)

真ん中には2頭の鹿
h28ギャッベ展・秋 (15)


手すりにもたれながら下をのぞき込み、上からギャッベのある1階の風景を眺める。

入口
h28ギャッベ展・秋 (13)

入口入って右
h28ギャッベ展・秋 (11)

入口入って左
h28ギャッベ展・秋 (12)

またひとしきり歩き回ってから、寝転がる。

2階に私一人しかいなかったからできたことではありました。
仰向けに手足を伸ばして体の後ろ面にギャッベを感じながら部屋中を見回し天井を見上げ、目をつぶる。ああ寝てしまいそう。

寝ながら目線で。

天井
IMG_20161026_123114.jpg

手すり
h28ギャッベ展・秋 (10)

向かって左が階段登り切ったところ。
右の明るいところはテラスへの出入り口。
h28ギャッベ展・秋 (9)

立て続けにお客さんが入ってきた気配を感じて起き上がり、
1階に下りて行ったのでした …続く


ギャッベ展に行く前に焼きたてピザトーストを食べた城山公園。

ベンチから正面。西側の風景。
h28ギャッベ展・秋 (16)

目線を少し右にずらすと。
h28ギャッベ展・秋 (17)

気持ちよかったぁ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

このコ

先日ショッピングモール内を出口に向かって歩いているときティッシュ配りをしているお兄さんにつかまりましてね。
ポケットティッシュを使わないのでいつもならスルーするんですが、避けられない気配がそこはかとなくしていて、おもえばこの時点で負けていたんでしょうが、おとなしく受け取ったら、搦めとられた。

ああいう方々のテクニックってすごいですね。つかみはばっちりであれよあれよという間にあちらの場に引き込まれる。
まあ私がいいカモなんでしょうが。
いりませんの一言を発する隙も無く絶妙な間で話を進めるんだけど、キャンペーンの内容がwi‐Fiとかルーターとか言ってるので、
うち入ってますからとやっと隙を見つけて言葉を発し立ち去ろうとするとすかさずたたみかけてくる。


『ご家庭用のですね!今回のご案内はこのコなんですよ!』

は?…このコ?

思わず差し出された手のひらをのぞき込む。
そこには黒くて四角くて薄い箱。

お出かけの時このコを持っていくと、外でも快適なネット環境が…
発売前にこのコを使っていただいて口コミしていただくという…

耳を疑い確認のため耳をすまして再度聴き、間違いなくこのコと言ってるのを確認すると、
この甘えたような間延びした話し方で油断させつつテクニックと笑顔はぴかイチの物腰柔らかなお兄さんがどうにも薄気味悪く思えて、ティッシュを返してすぐにその場を走り去りたかったけど体が動かなかった。

私外でほとんど使わないので、と何とか口をはさんで断りその場を離れたのでしたが、このコ?この四角いモノを
このコって何よ!!!

犬や猫をうちの子っていうのはいいの。私は言わないけど。
犬や猫をこのヒトっていうのを聞いたことがあるけど、これも百歩譲ります。対象が生体だから。
そういえば男の人って飛行機やバイクに名前を付けるっていうよね。
戦闘機に恋人の名前とか。でも『俺の愛機』ということで理解はできるの。
同じ理由で掃除機のルンバに名前つけてるとか。

でも、商品であるモノのご案内にこのコはなかろう?!
決め台詞は『どうぞこのコを連れて帰ってください!』ってか。

帰宅して相方にこの話をしたら
『モノにこのコってなんだ!』と言ったので、やっと安心しました。

書店の古本ワゴンで見つけた本。一気読み
女猟師

私はこちらの世界に共感する。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

こたつ生活始まり

本日こたつ作りました。
前回片づけてから半年経っていません、たぶん。
来年片づけるのは5月ぐらいでしょうか、たぶん。

相方の布団から出てきたちっきがこたつにあたる私を見て、おもむろに膝の上にのってきました。
しばらくくつろいだ後、こたつに入れろと見上げるのでハイよと布団を上げると、入っていきました。
こたつねこ復活。

猫はいいよね。潜って寝てられてさ。
私はこたつではお決まりのうたたねというやつを自分に禁じているのです。
長座布団を二つ折りにして、その上にクッションを敷いて座り、場合によっては脚の下にさらにクッションを当てて太ももを上げ気味にしないと座ってられないんですよ、腰が痛くて。
前、作業用の机と椅子を買ったと喜んでいた理由のひとつでもあります。
そんな状態なので段差が著しく、寝転がるのがとてもきつい。
やってできないことはないけれど、気持ちよく寝転がれないのです。

伸ばした私の足に猫が寄りかかる。動けない。猫が移動するまでそのままです。ああ腰が重痛い。
不思議なのは、温かいこたつの中で、なぜに足がつるのだ?さっき早速つったんだけど。軽~く。
勘弁してほしいわ。まあ湯ぶねの中でも足がつるからなあ。
つった時は温めるのが一番だよと、今掛かっている整骨院の先生に言われたけど、私の足には効かないのか。

ところで話変わって最近とても美味しいと、じいいぃんとかみしめたお菓子。

五家宝
五家宝 (2)
残りわずか。

これを以前どこで食べたか覚えがないのだけど、味は知っていた。
店で見かけて、食べたい。強烈に思って買ってきて、最初の一口。

大げさでなく、幸せも一緒にかみしめた気がする。
日が経つうちに水分が抜けていったのか、歯ごたえよくねっとりした噛みごたえ。熱いコーヒーとともに。

ウォーキング途中の歩道の植え込み。
盆栽植え込み (3)

盆栽のような幹ぶり。通りかかるたび見惚れてしまいます。
盆栽植え込み (2)

盆栽植え込み (1)

どなたが世話しているんだろう。こんな味わい深く立派な植え込み他では見たことがありません。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

今日の拾い物

どんぐり、栗に続き今度はクルミです。
浅川ダム湛水 (11)
落ちている道端で、包んでいる茶色く腐った果肉を靴裏でこそげ剥いて見覚えのある硬いクルミを取り出して拾い上げ、一晩水に浸けています。中に実入ってるかな。すごく軽いんだけど。

それと、道端のグレーチングに挟まっていた、球根?
浅川ダム湛水 (10)
たぶん落とし物だろうと思うのだけど、このままだと干からびてしまうだろうしと拾ってきちゃいました。
鉢に植えてみました。何になるのかな。

道端の、引っこ抜かれていたコスモス。あとは枯れるだけ状態。
ならばいただきますと手折ってきて活けた。
風に吹かれているときとは全く別のたたずまい。色が濃く見える。
コスモス

きらきら光る宝石よりきれいだ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

浅川ダム湛水(たんすい)実験中

環境破壊、無用のダムと反対運動が起き、田中康夫氏(通称ヤスオちゃん)が知事だったときは脱ダム宣言で工事が中断したりしましたが、『浅川総合内水対策計画(案)』が45年前に豊野地区の住民に説明されてから45年後の今年、完成をみました。

浅川ループ橋をを通りかかるたびに工事はずっと続いており、天を突くような重機が夜でも稼働していました。
ウォーキングで歩くようになり、浅川ダムの工事の気配を濃厚に感じる山を通りがかってからです、気にしだしたのは。

浅川はいわゆる天井川で、昔は水害を頻繁に引き起こしていたという話は前の仕事の時店に来るおじさんたちにたびたび聞いてはいました。

【古来続く水害】
浅川は古里の辺りから周囲の土地より高い天井川となり、やがて駒沢川、田子川、隈取川、三念沢川などと合流しながら、豊野からは高低差の少ない低湿地を流れて千曲川へと注いでいます。大雨が降り増水する度に、天井川の土手は必ずどこかで決壊し、さらに千曲川が増水すれば、その逆流が押し寄せました。しかも、一度低地に浸水した水は、はけ口がなく、何日も退きませんでした。                                                          〈浅川改良事務所HPから引用〉

実際知人の友人宅がこの水害で水が天井まで来て、何日も引かなかったという話を先日聞いたばかりです。

職場がその浅川のすぐ横で、治水工事や整備はかなり念入りに続けている川ですし、深い暗渠も通っているのでめったなことにはならないと思ってはいたものの、大雨が降った時など万万が一を考えて床上浸水しても被害が無いように念入に対処して帰り、翌朝はとりこし苦労であったことに安心したものです。

ちなみに浅川ダムとは。
浅川ダム湛水 (4)
一部切れちゃいましたが。

穴あきダムです。
通常いつもの川のように流れていて水は溜めません。
浅川ダム湛水 (5)

完成したんだ。と思いました。工事中が普通だったので。
水を溜めて強度を確認する湛水(たんすい)実験を、10月1日から始める予定でしたが台風の影響で延期。
今月11日に改めて開始されました。行ってきました。

セレモニーとかがあるから何時から始めるのかはわからなかったけど、まあいつものウォーキングの一環ですから、立ち会えたらラッキーということで。

短ーいトンネルを歩き、
浅川ダム湛水 (3)

浅川ダム湛水 (2)

受付の建設事務所のお兄さんに『見学はどうぞこちらで』と笑顔で案内されました。
しかし見える姿はヘルメットをかぶった作業着の関係者のおじさん方と、カメラを肩にかけた報道陣の方がちらほら。
それと、完成までにたびたび歩いて見に来ていたのですっかり顔なじみになった交通誘導員のおじさん。

のぞき込んでもいつもと景色は特に変わりません。
浅川ダム湛水 (8)
水は見えない。

奥まで進むとモニターがおいてあり、今現在の水位が映されています。
浅川ダム湛水 (7)
 10時半ごろだったかな。
上からのぞき込んでも水は見えないけど、けっこう溜まってるんだ?

浅川上流
浅川ダム湛水 (6)
以前、上流に沿って行けるとこまで道を歩いてみましたが
どこまで整備されているのかわからなかったので途中で引き返してきました。

帰りに受付にいたお兄さんにいろいろ質問したところによると、
湛水はまだ始まっておらず、午後になるそうだ(翌日の新聞には11時半に始まったと書いてあったから、少し早かったんだね私)ということ。

水は流しているとはいえある程度は溜めてあるのだということ。
湛水は一日1mずつ増やし、天候にもよるけど30日~50日かけて溜め、
上の長方形の穴から水を流し、その後また1mずつ水を抜いていくんだそうです。
ほうほう。

そして先日16日。湛水始めて5日目です。
見えるとこまで溜まったかなっ。
浅川ダム湛水 (9)
溜まっていました。

やっと上からわかるようになった。
次に行ったらまた水位アップしますね。

ダム越しの街
浅川ダム湛水 (1)
霞んでてうすぼんやり

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

賑やかな秋

初夏のころ、あんたにこれあげる、と母にパッチワークのタペストリをもらいました。母は30年来趣味でパッチワークをやっています。
小さいのは何枚かもらったことはあるけれどここまでの作品は初めてです。あんたこれ気に入ってくれたみたいだから、と。
一瞬形見分けみたいだなと、どきりとしました。

『賑やかな秋』
賑やかな秋

私が名づけました。秋といえば物悲しい感じになりがちですが、これはまるで月を囲んで秋の七草が宴会でもしているよう。
暮れなずむ夕空も浮かれているようなグラデーション。

うれしかったけど、うちは掛けるところ無いな、宝の持ち腐れかもと、もったいなくて内心困ったのですが、別に壁じゃなくてもいいことに気づいたので、押し入れの戸に画鋲で留めました。一気に部屋が賑やかになりました。

母のように針と糸を持つのは向いてなかったけれど、こまこまといろんなものを作るのは好き。
でもそれらを生活の場で置いたり掛けたりするセンスがないんですよね。いや、馴染まないものばかり作ってきたのかも。
だからしまい込むばかり。
でも、羊毛フェルトでうちの亡き猫たちを作った目的は、いつでも撫でて声を掛けること、なので、センスがどうとかなんて関係ありません。切実なので。

毎日、くろ、おはよう。しろ、おやすみ、と撫でて声を掛けるのが習慣になってしまった今となっては味を占め、ほかの好きなものが壁を埋め尽くしていくばかり。主に今は亡き猫たちの子猫のころの写真ばかりというのが笑えますが。
庭石の上で母子5匹が固まって思いおもいに伸びてる姿なんて、微笑ましくもなつかしい。こんな時代もあったんだなあ。などと。

途中だった実家の猫ダイも、ほぼ仕上がりました。
今は壁に掛けて毎日見つめたり眺めたりしながら、私の中のダイちゃんとずれていないか見極めているところです。
これで良ければ完成。実家の母に手渡して完了です。
別に母に頼まれて作ったわけではないんですけどね。私のきもち。
ダイは特別な猫だから。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

忍び寄る、

水道の水が指先に温かく感じるようになってきました。
足の指先が冷えて夜中に何度もうっすらと目が覚めます。
手の甲が白っぽく乾燥し、肌の肌理が粗くなってきました。
指先のささくれもざくざくしています。
お風呂上がってすぐに化粧水をパシャパシャつけて、自室に戻ってから顔だけ二度付けしないとつっぱります。
寝るときに猫が潜り込んでくるようになり、早く寝ようと呼びにくるので、布団の中で本を読めなくなりました。
その代り猫を撫でながら穏やかな気持ちで寝付けます。足指の冷えはもこもこソックスを履いて対処、ということで。

毎日、
体を温めるという紅茶を飲んでも、
体を温めるというしょうがを食べても、
体を温める熱湯タオルの湯たんぽをおなかに当てても
冷え性ってなかなか改善しませんねー。

道端に、蟹
蟹
なぜこんなところに。この手前に川はあるんだけど。
深くてグレーチングで蓋された。
通りがかるたび、この蟹は青ざめていくようです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

きのこの山

いや、山のきのこと言うべきか。
本日も地附山に歩きに行ってきました。駒跳トレイルコース。
前回は下りましたが今回は上り。
初めてこのコースを上った時は勢いのみで自覚も無く上ったものだからものすごい急坂に感じられたものです。
今回落ち着いて挑戦してみたら、そんなに大変ではなかった。
…一回経験すると2回目って、そんなに早く慣れるものですかね。
あっさり登りきってしまって気抜けした感じ。ハードなコースを選んだつもりだったのに。

その分余裕ができたのか、いつもは地面を見ながら歩いてしまうのに、今日は何となく上を見上げた、ら。

松ぼっくりがびっしり。
地附山のきのこ (4)
逆光で黒くてよくわからなくなっているけれど。
松ぼっくりもどちらかというと落ちてるもの。それが木に生っておる。いや当たり前なんだけど。なんだか新鮮でした。

コースも終わりに差し掛かったあたりの道端に大きなきのこが!
地附山のきのこ (3)

平たい笠の大きいほうが、スマホの縦長部分で測ると12cm。
奥に小さくちょこんと見えてるきのこはこれ。

地附山のきのこ (1)
全然ちょこんじゃないです。高さ17~18cm
根元を見ると、いかいも葉っぱを押し上げて出てきましたという風情。

一直線に小さいいきのこも。
地附山のきのこ (5)

山を歩いていると、この時期きのこや菌類はよく見かけます。
純白の美しいのとか、まん丸の形を奇跡的に保持しているのとか、小さいのが群生しているのとか、紫や黄色のにょろにょろしたのとか、多種多様。なので見るにとどめて写真は撮ったりしなかったです。
キリがなさそうだったので。

がしかし、このきのこ。
ディズニーの白雪姫に出てくるような、水玉みたいなきのこってホントにあるんだ!と思ったらテンション上がってしまった。

ほんとに道端に生えていたので、面白がって蹴とばされたりしないように祈るばかりです。

下ったところの地附山公園には、三連休最終日を満喫する小さい子連れのファミリーが賑やかに遊んでいました。
コースを歩いているときはさほどでもなかったけど、開けた公園に出たら風が吹きっさらし状態で、汗ばんだからだがひゅーと冷えて寒いくらい。

頭に巻いていたおにぎり柄の手ぬぐいを外して首に巻くとほのかに保温。ウォーキング用の支度を考えないといけません。
周りを見渡せばお父さんお母さん方は結構あったかそうな服装です。
私はといえば、Tシャツに長袖のシャツ一枚、Gパンにウエストバック。
コースを歩く人々の軽い山登り仕様の支度にくらべてもかなり軽装。

明日から最低気温が8度前後の日が続く予想。山の木々が色づき始める温度帯だそうです。
私もいつまでも夏を引きずってないで、切り替えないといけません。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR