地附山トレイル くだり

前は歩いていったらたまたま着いてしまったので歩いてきた地附山トレッキングコースでしたが、今回は明確に歩きに行くつもりで行ってきました。
昨日の雨から一転晴れて気温が上がる予報だったので、こういう日は気持ちよく過ごさなければ。最近曇り雨ばかりですしね。

目的はどんぐり拾い。いつもと違うお山で、拾うつもりで拾います。
それと、前回は上って苦労した駒形トレイルコースを今度は下ってみる。

家から地附山公園までで50分かかりました。そこから出発。
駒形トレイルコースは50分コースとあります。そんなにかかるかな?くだりだし。ともあれ、出発。


まずはこの道を往きます。つづらおれトレイル。
地附山トレイル (1)

歩くやすくて気持ちのいい道。ところどころ早くも紅葉落葉した鮮やかな赤い落ち葉が道を覆っていました。

ここを行くとほどなくしてこんな看板が立っています。
地附山トレイル (2)

二つ目の分岐点で駒形トレイルへの道に入ると急に人ひとりでやっとの細い道になり、少し行くと急な下り坂。
ここを前回上ってきたのだなあ。よく上ったなあ。
少し行くとまたありましたよ看板が。
地附山トレイル (3)

この看板から5歩ほど下ったとこに茂みの切れ間が。
地附山トレイル (4)

スカイツリーとほぼ同等の見下ろした景色、と言いたいところですが、長野市はもともと高い場所にあるのでそうとは言い切れません。

今日のどんぐり。
地附山トレイル (5)
色んな形があります。本を見ながら同定してみようか。

もうそこらじゅう山の中の道にはどんぐりが落ちていて、というより覆っていて、ここに一歩を置くのはかなりの注意が必要です。
上りでも下りでも、ころころつるつるでいつ滑らされるか。
道横の草とか石とか木の根の上を一部でも踏むようにして、腰を落として慎重に。
それでも湿った土とか落ち葉とか、よく転ばないで降りてきたもんだ。

そして栗も。ほとんどが先人に拾われていましたが。
地附山トレイル
水に浸けて虫出し中。

それにしても大きい栗です。売ってるのなみ。
前私が違う山で拾ったのは、ここにも混じっているような小さいのばかりでした。

降りてきたら、ああ、だいたい50分ぐらいだ。途中栗を探して時間かかったりしていたからかも。

地附山公園の手前にリンゴの無人直売所があり、買ってきちゃいました。すごい安いんですよ。
地附山トレイル (6)

真中の赤いの2個はシナノドルチェ。
左の小ぶりなの4個は20世紀梨。
右に囲むようにある黒赤いの3個は秋映え
それぞれ各100円。

ほかにも何種類かのリンゴと梨がこんな値段設定で売ってました。
知ってる人は袋にいっぱい詰めて買っていくひとが何人か。

次にココに来る目的は明確にリンゴを買いに、ですね。
今度はリュックしょっていこう。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

境い目の日々

先日の晴れ上がった日を境に、金木犀の香りが漂い始めました。
温度が上がり、空気も乾いて一斉に花開き始めたのでしょうね。
昨日はまた雨に逆戻りで、しっとりした空気の中ひと際薫りが立ちましたが、本日も快晴最高気温30度。
やはり今日のように晴れ渡った空気の中で鼻膨らませて深々と吸い込んだほうが気持ちいいです。

この晴れで、タカの渡りも一気に加速したと新聞に載っていました。
このところのぐずついた天気のせいか、いつものこの時期に比べて渡った数が少なかったけど、
おとといの晴れで100羽ものタカ柱が出来ていたとか。
一度見てみたいものです。タカの渡り。

そんな壮大な話から一転急降下、うちの庭の話です。
ささやかな発見ばかりですが。

まずはカネチョロ。可愛い顔してる。
秋の庭の日々 (9)

久しぶりに見たけど、尻尾長いなあ。
秋の庭の日々 (7)

そういえば昔、保護色で気づかなくて尻尾踏んだことがある。
すぐに気付いて足あげたけど鮮やかに血がでていた。

筆万年青の花芽。
秋の庭の日々 (3)
数日前に見た時は影もカタチもなかった。筈。

こぼれ種で育っていた、ミニだと思っていたら実は普通のトマトだったらしい。
秋の庭の日々 (1)
食べられそうにありません。

ウォーキングに行くたびつい拾ってしまうどんぐりに、
ドライフラワーを差してみた。
秋の庭の日々 (8)

雨上がりの葉っぱがうっそうと覆いかぶさる山道を抜けようとしたら、彼岸花が。
秋の庭の日々 (6)

もっと鮮やかに撮れた写真もあったのに、なぜかしらこの薄暗いのに心惹かれる。
秋の庭の日々 (4)

真上から。
秋の庭の日々 (5)

そろそろかなっ?と、植えっぱなしで軒下で乾かしていたフリージアの球根鉢。
横着して、掘りあげることなくそのままの状態で水やり!
どぼどぼとたっぷり水やりしたのはほんの数日前。
早くも土は乾き、球根のてっぺんから緑色の気配。反応早いねえ!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

本日、働き者

スカッと青空!
いったいいつぶり?
いつもより早い目覚め。二度寝は無しできっぱり起き出しました。

朝食準備を始める前に、まずはぼたんこしょう味噌作り。
みじん切りにして炒め、合わせ味噌を投入してぽってりするまでさらに炒める。
前回より辛かった。午後遅くまで指がヒリヒリ。

次はチルド室でアミラーゼ増量していた栗を出し、土鍋でゆで蒸しに。
ためしてガッテン流だと一時間かかります。その間に朝食を済ませ、ゆで蒸しあがった栗をザルに取ります。
ゆでたのより蒸したほうがクリーミーでおいしい。
どうせ蒸すなら一緒にと入れておいた蒸し上がったサトイモの皮をむき煮物を仕込む。

その後ウォーキングに。
日傘を本来の用途で差しながら出かけ、久しぶりの気持ちよい空気の中で気持良い汗を流しました。

空が高い
秋空 (3)

ああ、秋だなあ。
秋空 (1)

昼前に帰宅。
汗を流して休むことなくそのままバナナケーキ作り。
バナナの危険域のかぐわしい香りが濃厚に漂っていたのでね。

お昼ご飯は1時から。まだ20分あるのでさっきゆで蒸しした栗を、
半分に切り、スプーンでほじくりこそげていきます。
都合3回拾い栗しました。殆どがどんぐりよりちょっと大きいぐらいの、栗としては小粒なのばかり。
キレイに剥けないので粒で食べるのはあきらめてペーストにしようと思ったのだけど、思った以上に大変だった!

20分押しでお昼ご飯を食べた後は買物へ。ねこのちっきの薬ももらいに行かねばなりません。
8月末に家出して一週間、絶食していたちっきが帰ってきてご飯をおくれというのには驚きました。
それ以来食欲旺盛で一時1.9kgまで落ちた体重が今朝測ったら
2.4kg。2度目の奇蹟を願ったら叶ったのです。

帰宅してからこそげた栗をペーストに練りました。量が少ないせいか、フードプロセッサーでも粒粒がちょっと残りましたが気にしません。美味しくできたのでそれで報われた気分です。

続いてしょうがの佃煮を。
薄切りにしたしょうがをきゅうりの佃煮と同じやり方で作ります。
体を内から温めるにはしょうが紅茶がいいというのでしばらく飲んでいたのですが、私はしょうがと紅茶は別がいい。
やってみたしょうがの佃煮は思った以上に美味しく作るのはこれで3度目です。

さて、やっとひと段落。
このあとのこのために、一日朝から頑張ってきたのさ!

じゃじゃーん!私の作業机です。
作業机と椅子

先日とある金物屋で学校の机と椅子が格安で出ていると聞いて翌日早速買ってきました。
汚れと錆と手垢をすっかりキレイに落としたところでぼろっちいことに変わりはないのですが、これは私の作業机。
これの上で私は何かを生み出せるのです!大げさ!でもそれ位気分は大盛り上がり。
何がいいと言って、この机の上なら作業を中断してもそのつど片付けなくていいのです!これは大きいです。

初仕事は今途中の羊毛フェルトをある程度のところまで仕上げること。のつもりでしたが、
ほんの数差ししただけで相撲を見てしまいました。
長野県の期待の星!御嶽海は10勝をあげました。ガッツポーズ!
豪栄道はカド番から全勝優勝!よおーしッ!こぶし突き上げ。

そのままBSの真田丸を見て夕食の支度に突入。
作業机に向かったのは…5分ほど?
でもこの5分でがらりと印象が変わったので、無駄ではなかった。と、思うことにする。
いいの。あしたがあるから。

実家の猫、だいちゃん。20年も前に旅立った猫だけど、
いつまでも特別な猫。トルコギキョウが大好きだった。
羊毛フェルト 大ちゃん

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

ハイテンション!

行ってまいりました。毎年9月21日に行われる、安茂里犀川神社例大祭。
8時頃から打ち上げ花火、9時から仕掛け花火という予定。
友人の店でゆっくり腹ごしらえをしてほろ酔いで歩いて5分もかからない神社にむかいます。
犀川神社例大祭 (1)

屋台も賑やか人もぎっしり、神社に向かう参道は人の波。
ずらりと並ぶおじさま達から小ぶりの湯飲みになみなみと注がれたお神酒を受け取りくいくいと飲み干し、お参りをしてお祓いしてもらいまたお神酒。今度は赤い塗の杯にちょっぴりです。

そのあと去年も見に来た友人の案内に従い陣取った場所は、三三地区の神楽が登場して獅子舞を披露する舞台の真横。
その時点で獅子舞の奉納があるって知らなかったんです。花火を見に来たつもりだったから。

断続的に上がる花火を真上を見上げて眺める贅沢。
女坂から三つの地区の神楽が順番に登場し定位置へ。
犀川神社例大祭 (6)

もう降らないと思っていた雨が夕方から降ったりやんだり。
仕切りのおじさんがすぐ横にいる見物客に『9時になったかな?』と聞き、うなずくと、仕掛け花火とともに獅子舞いが始まったのでした。そして雨もまた。

神社というものはたいてい山の中腹にあり、当然周りは木々が生い茂っているものです。
この仕掛け花火のすごいところは、そんな木々にも当たり前のように花火を仕掛け、敷地内を縦横無尽に火が走る!
飛び火しないのが不思議なくらい。
犀川神社例大祭 (3)

犀川神社例大祭 (4)

ひとつ終わるたびに『消防団の皆さま、消火の確認をお願いします』とアナウンスが入り、周辺の茂みや坂の地面などを懐中電灯で照らしながら丹念に見ています。
花火の前も氏子の方々がお掃除を念入りにしているのでしょうね。
そういった努力とご苦労のおかげのこの花火です。

獅子舞は一人舞い
犀川神社例大祭 (2)

後ろにねじった布を捌く人が付く舞い
犀川神社例大祭 (7)

3人ぐらいで体部分の布に入って操る舞
犀川神社例大祭 (12)

と三種類あるのだけど、これと花火が連動しているように見える。

いやもしかしたら関係なくて、仕掛けの準備が出来たら点火してるだけなのかも知れないんだけど、いい呼吸だった気がする。
ただ、獅子舞からも目を離せず、しかし花火もすごくて何度も目移りした。結局花火を見ちゃうんだけど。

観客を挟む位置2か所での仕掛け。
真昼のように明るくなった後一面のけむり。
犀川神社例大祭 (9)

犀川神社例大祭 (8)
火薬のにおい、いい匂いだよねーなどと。

犀川神社例大祭 (5)

獅子舞。幕間
犀川神社例大祭 (10)

風車大車輪!色も変わりました。
犀川神社例大祭 (11)

時間的にそろそろ最後の花火かなというところでスマホを仕舞う。
一番の花火はスマホ越しにに見るより直接自分の目で見たほうがいいに決まっている。

期待は裏切られなかった!
見上げる高い杉の木のてっぺん近くに仕掛けられた筒から火が吹き火の粉が流れ落ち、その名も『清滝』
これでもかと高みからたっぷり流れ落ち、ああ終わりが近いと気を抜いた瞬間、ばぁん!と弾け、火の粉が観客の頭上に降り落ちてきたのでした。
うわあっと叫びながら首をすくめ、嬉しくて楽しくてみんな笑いがとまらない。
すごいねえ、楽しかったねえ!いいもの見させてもらったね!来年もまた来ようね。



良い夜でした。
一夜明けて、ずっと続いていた重くて不快な胃の痛みは、きれいさっぱり消え失せました。

私たちは花火が終って帰ってきちゃったけど、そのあと木遣りもあったそうで、これも素晴らしかったようです。
更に驚いたのは、この花火が前祭にあたる宵祭りで、今日が本祭。
今夜から一週間ほど地区を御囃子が練り歩くんだそうです。

この花火を見に行ってきたと話した友人からさっきメールがあり、
出かけた帰りにちょうど安茂里を通りがかったら2mほどもある大きな提灯を掲げた人々を見掛けたそうです。妖怪が舞っているように見えてビビった、と言ってました。
良いもの見たね!それもまた見てみたかった。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

不思議の木

四日間降り続いた雨が終りました。
長野市は雨が少ないところです。
予報が雨でも、それが台風の影響と言われても、当たることは稀というぐらい雨が降らない。
4日間降り続いたことにびっくりし、ビビったほどです。
降りの勢いは被害があった大変な処とは比べるべくもないのですが、
山際の街には避難勧告も出たほどで、幸い大ごとにはならずにほっとしました。

そんな雨降りの最中も小雨になった頃合いを見計らって、農産物直売所まで歩いて行ってきました。
今回は買い込む予定だったのでリュックをしょって行き、きゅうり3袋、リンゴとぼたんこしょう、紫蘇の実各一袋。
それと、ずっと気になっていたシャインマスカットも。皮ごと食べられる、砂糖の塊のような甘さでした。

それはともかく、重かった。リュックと言えど。今でも肩が張ったままです。

このきゅうり3袋約2kg、全部佃煮にしました。
今日これから、人形作家kaoさんに誘われて日本随一と言われる仕掛け花火を見に行くのですが、その職人さんたちの集会場に使われる友人の飲み屋さんにお土産というか、差入れです。
私たちもここで腹ごしらえをしてから花火を見に行く予定です。
実はこの雨で中止も危ぶまれたのですが、幸い雨は上がり、このあとも降る様子もなさそうなので開催する方向。よかった。

kaoさん言うには、火の粉が飛んできてすごいから穴開いてもいい服着てきてね!って、そ、そうなの?
最初浴衣着て行こうとか言ってたじゃん。
山の窯焼きに準じた支度をしていこうと思います…

さて、雨上がりの今日もいつものウォーキングコース。
度々登場する、収穫されないない梨の木を横目で見ながら通り過ぎようとして、またまた新たなる発見。

スズメバチがお食事していた茶色い丸い実の梨の木と同じ木から、
洋ナシが実っている…え?

梨の木一本 (1)

横に伸びている太い幹の根元から白い枝が下に垂れ下がり、洋梨がたわわ。
枝の下をくぐって確認しました。これは一本の木です。
この一枝だけじゃなく、他にも同じように太い幹から白い細い枝が伸びて洋梨が重たげにもっとたくさん実っていました。
写真左の丸い梨の後ろ下に垂れ下がる枝がそれです。

左上の梨。
梨の木一本 (2)
いかん、ボケた。

垂れ下がる洋梨
梨の木一本 (3)

何で今まで気づかなかったんだ?!自分の目の節穴ぶりに驚きあきれるばかり。
きっとこれからも新たな気づきがたくさんあると思われるので、そのつどご紹介します。
恥さらしな気もしますが、まあ季節が変われば見えるものも違ってくるってことで!…?

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

初めての素材 未知の味

ウオーキングコースがまた増えました。
ずっと気になっていた農産物直売所へいく道です。
平地の大きな通りを歩いていけば多分片道30分かからずに着きます。
が、車通りの多い交差点の手前にあるそこまで、わざわざ坂を上がって山の斜面にある高級住宅街を経由、景色を眺めてから下りていきます。

まだ歩きはじめてそんなに経っていないので新鮮な気持ちで歩いているせいか、距離があるように感じないんだけれど、買い物してる時間を引いても往復90分コースらしい。
そこを野菜や果物買ってぶら下げて帰ってくるんだから、けっこうハードです。でも新鮮で目新しい野菜を手に入れて、どうやって食べようかと段取りしながら帰ってくるので大変な気がしない。
前回はきゅうり3袋にリンゴ一袋、ぼたんこしょう一袋で約3キロ。重かった。しかし帰宅したら休むことなくすぐあれこれに取り掛かります。

ダイエットで食事を減らしていた時は作るおかずの量も減らしていたので食材がなかなか減らなかったんですが、今は相方に多いよ!と言われるほど晩のおかずはたっぷりです。
食べる量はもちろん控えめだけど、晩にはごはん。肉じゃが、かぼちゃの煮つけ、モロコシまで!
今まで我慢していた食材が食べられる幸せ!ちなみに今夜はサツマイモとちくわの甘辛煮つけの予定です。

長野は道の駅が多いところですが、私は車を運転しないので自力ではいけません。
なので、この農産物直売所はとてもありがたい場所。長野市近郊はもとより戸隠、飯綱、信濃町など、野菜や果物が美味しいので有名な場所の野菜が種類豊富に届けられています。
いつも込んでいて駐車場に入るところは渋滞起きてたりするところですが、歩きならば関係ありません。

初めて買った食材で作ってみた品々。

ぼたんこしょう味噌
初めての食材 (4)

ぼたんこしょうって辛いんです。
みじん切りにしたものを炒めるんですが、触った手で目をこすらないように!とレシピに注意がありビビっていたのですが、今回買ってきたのはそれほどではなかった。出来あがりは程よい辛さでした。
もうふた袋くらい買ってきて作りだめしておこうと思ってます。

シナノプッチなるリンゴのジャム。
初めての食材 (5)

初めてみた品種。小さ目でピンク色に色づいていた。
酸味は全くなく甘め。歯ごたえはかなりある。レモンと干しブドウを入れてしっかり煮ました。思った通り煮崩れしない。

食用ほおずきのジャム。
初めての食材 (1)

実は何年か前に生で食べて気に入り、種を取り寄せて育ててみたことがあります。
記憶にあった味とびみょーに違っていまいちだったのでそれっきり。
今回見つけた初めてジャムに煮てみました。

ルバーブのジャム。
初めての食材 (6)

ルバーブには赤と青があって、赤はとてもきれいな深紅のジャムになります。
昔頂き物で食べて以来こっちも育ててみたくて苗を探し回りましたが見つけられず、今回品物が売っていたので喜んで買い求めジャムに。青だから色がいまいち。

食用ほおずきもルバーブもちょっと癖があるので相方は手を出さず。
私一人で食べています。毎日スプーンひとすくい。

母直伝のきゅうりの佃煮。
初めての食材 (3)

初めて食べた時、甘くてびっくり。漬物じゃないからか。レシピを教わって2度作りました。
一度目はいまいち。二度目はまあまあ。もう一回作っといたほうがいいかな。
やっぱ美味しく作るには回数こなさなきゃだし。
甘くてカリカリで微妙にねっとりで、食べ始めたら箸を止めるのにかなりの意志の力が必要です。

そんな風にはやくも食欲の秋に突入したとはいっても、暴飲暴食はしてないはず。

このところ、胃が痛いんです。いや、胃の痛みだと気付いたのは昨日。ひどく痛み始めて二日目の晩。
ずーっと筋肉痛だと思ってた。スロトレとかドローインとか毎日やってるから。
最近腰の真中あたりが痛いなと思った、翌日に背中も痛みはじめ、ほぼ同時にみぞおちのあたり一帯がひどく重痛い。

これが胃の痛みだったら、私結構かなり前からコレ感じてた。
ダイエット中から。とりあえず温める方向で対処してるけど、原因は、ストレス?何の。
今になって悪化するだけの原因が思い当たりません。
ご飯美味しいし!


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

本日の収穫

いえね、実は昨日のウォーキングで栗を拾ったんです。
ひと晩降った雨が午前中に上がり、陽が出てきたころ歩きに行った先で、道に栗がたくさん落ちていました。
人しか歩かない道路です。車に潰されることもなく、まさに落ちたての、綺麗なイガに包まれたつやつやの栗。

先ずはイガから飛び出しているのを拾い、そのあとはイガを蹴ったり踏んだりして何とか取り出しましたが、結果的には実のとがった部分をそーっとつまんで取り出すのが一番効率よかったです。

雨上がり (3)

今は下処理した後、アミラーゼを増量するためチルド室で冷えています。

ホントはもっと採ってきたかったところですが、クマのご飯を横取りしてる気分になってしまい、これっぱかしでカンベンしときました。

でもこの一件で味をしめてしまったの。うふふ。

今日はまた別のコースです。出かける前相方に、ゴム引きの軍手を借りてきました。
何するの?というので、何かあったらまた拾ってくる!というとにやりとして出してくれたのです。

で、本日の収穫。
ハイ。アルプス乙女2個。…
雨上がり (8)

奥のは前回拾ってきたの。

食べられないもの拾ってきてどーすると言われましたが、まあまあ。可愛いからつい。
前拾ってきたのは時間とともに傷みがめだってきたしね。でも磨くとまだまだ綺麗です。

それにこのままじゃあ朽ちていくだけじゃないの。
雨上がり (5)

救済です。私の観賞用に。

食べられるリンゴたちはほら、こんなに色づいて美味しそう。
雨上がり (6)

夏の間は人気のない畑も、今は順次収穫時期を迎えているのでリンゴ畑には人がいます。

収穫の済んだリンゴの木の葉っぱは反り返って裏白く、
ぱりぱりと乾燥してるみたいに見えます。
雨上がり (2)

よく見かけるリンゴの木の葉は深い緑だけど、

こちらは春の芽吹きのような柔らかい緑。
雨上がり (4)

りんご畑を通り過ぎて木々が茂る道に差し掛かると、パタパタと雨が葉を打つような音。
見回しても何も見えず、繁る葉の切れ目に差し掛かっても雨が降り出したということでもありません。
道路には青いのや茶色どんぐりが散らかり落ちていて、さっきの音はどんぐりが落ちてきた音だったのでしょうか。

この落ちたどんぐりを踏むとぱきぱきと軽い感触が足裏に心地よく、つい踏んで歩いてしまいます。

彼岸花見つけた。
雨上がり (1)

通り抜けると霧雨のような細かい空気に身を包まれました。見下ろす街はうっすらとけぶり、真夏の風景と違い、何とも言えぬ風情がありました。

帰宅して休む間もなく庭の草取りです。。
夏の間これでもかと生い茂った草草、義父の趣味なのか放ってあるだけなのか判別がつかないこぼれ種育ちのぼちゃの蔓が庭木を覆い、どうにも我慢できなくなって、断りを入れて除去にとりかかったのです。
今日で二回目。これもまた始めたらやめられない。

多分義父も気づいていないかぼちゃ。
雨上がり (7)

楓の木に絡みついていた蔓を引っ張っていたら見つけました。蔓をちょきんと切った直後に。
まだ若いから食べられないでしょうけどね。
いや、こぼれ種のかぼちゃは美味しくないでしょう多分…
観賞用ってことで。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

コツコツ

本日のカウンセリングを以て、6月末日の晩ごはんから始めた薬局指導のダイエットを卒業しました。
担当してくれていた店長が本店に移動が決まったからですが、そろそろ潮時でもあったでしょう。

薬局指導のダイエット漢方を飲んでいたのは延長戦を含めてひと月半。その後は三食食べつつ維持、さらに出来るならもうちょっと減らす方向でやってきました。

漢方ダイエット終了時で7kg減。本日のカウンセリング終了時で最終的に10.6kg減。
2か月半でこれだけ落ちたのは快挙だよ!と私以上に友人のほうが驚き喜んでいます。

『世の中ダイエット情報あふれかえっているのは何でかわかる?みんな成功しないからだよ。それなのに初めてのダイエットで2か月で10.6kg落とすなんて!薬局も大喜びだよ』

それはそうかも知れません。ネタにさせてもらってます!って言ってたから。どんどん使ってください。
店長によると、他の人ってホントに運動できないんだそうです。
歯磨きしながら足踏みしてくださいといっても出来ないって。私も歯磨きと足踏み同時にやるのはできないけどね。
私みたいに義務感や、やらされてる感もなく、楽しんで1時間以上も歩いてる人はめったにいないらしいです。

やればやっただけ結果が出る充実感は気持ちよくうれしいものです。
ずっと着られなくて、さりとて処分も出来ずにしまい込んでいた服も余裕で着られるようになり、買いなおす散財をしなくてもよくなったのも助かること。
相方は『二重顎が消えた』と喜んでいます。そこか!
でもひとつ戸惑っていることが。

コツコツなんです。
まず、腰骨が。次に腕の細さが気になる。このところはお尻がコツコツで座ると痛いので、内側に肉を寄せて座るようにしています。更にはかかとまでがコツコツ。店長に話すと、靴のサイズも小さくなる人がいるんだそうです。へえ~。

途中からダイエットの目的が変わったんですよ。自分に大甘な目標の6.5kg減を達成した時点で。
食べたいものを食べたい。

食べすぎるつもりはないけれど、安心して食べられる余裕を持った体重まで落としておきたい。
だから頑張った。そしたらコツコツ。でも昔はこのコツコツよりさらにやせてた時期があったの私。夢じゃないよな。
ともあれ10.6kg減までいったらもう十分です。

そんな時たまたま見つけた本に、朝食は抜き、昼食はそこそこにして、晩ごはんは好きなものを好きなだけ食べるという健康法がのっていました。ダイエット法ではありません。でもダイエットでそれに近い食生活をしている身にはできそうです。

ご飯食べたい (1)

ご飯食べたい (2)

晩ごはんにご飯を食べたい。イモもカボチャもお酒も。
そのためなら、朝抜くぐらい平気です。健康診断の日は朝お茶のみだったけど、全然辛くなかった。

明日の朝から切り替えてみる予定です。
体重を測るのは続けていくつもりなので、どういう経過をたどるかは観察続行。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

御神籤を引いたら

先日神社で御神籤を引きました。
神社やお寺に詣でても御神籤を引きたがるほうでもないのに、その時妙に気になって『今は引いたほうがいい』という気持を優先して引いてみました。
年齢御神籤です。今の年齢を申告すると、奥に取りに行き持ってきてくれます。
白い封筒に神社の名前を表書きした中に二つ折りした御神籤が入っています。

祈るような気持ちで封筒から取り出し広げてみると。

吉。

何とか読み下すと、
『是は、辛く苦しい思いをたくさんした分が報われる兆しがある。
心を正しくして行うときは、万事成功しないというという事はあり得ない…』

以下、続く内容は悪いことはほとんどなく、良いことづくし。
こんなに拓けた内容でいいのかと、逆に不安になるほど。

でも一番効いたのは最後の一文。

『何事も水にゐて水に溺れず火に寄れどもやけぬ心を持つべきなり・
 禍福は身のおこなひにあるとしるべし』

身の引き締まる思いになります。
この部分を心がけてこその吉。拓いていくのはわたし。

封筒の表書きの下に、
『此のおみくじはお持ち帰りの上日常の指標にしてください』
と書いてあります。
写真を撮ってスマホの待ち受け画面にしようと思っています。
年齢御神籤だから、あと10ヶ月あまり有効です。

ちなみに一緒に行って引いた友人は凶じゃないのにお先真っ暗な内容。大丈夫、この運勢はあさってで終わる。
2日後に誕生日なんだからまた来ようと約束し、行ってきました。

ひとつ歳をとって引いた御神籤は 平吉。
救いある内容になりましたが、考えようによってさらに迷い惑う内容。困っているようです。

いかに日常の指標とするかは自分次第。
とはいうものの、良いほうに転べば背中を押されるように弾みがつくけど、そうじゃない場合は囚われて足かせになりかねない。
心の持ちようひとつというけれど、やっかいだわ。神にすがるって。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

最強!スズメバチ

熟れうれのまま木についているいる梨の木を通りがかりにのぞき込もうとして、不穏な羽音にあとずさる…。
一歩前に出てひとつをそーっと見ると、デカい蜂。これは噂のスズメバチでは。
最強スズメバチ (1)

この実をここまで掘ったのはスズメバチさんあなたですか。
ハエもお相伴にあずかっているようですが、やはりあま~い梨の果汁のほうがハエより美味しいんですね。

何匹もぶんぶん羽音を響かせながら梨の実に取り付いています。
最強スズメバチ (2)

おご馳走なのですね。

先日庭に出ようと網戸に手を掛けたら蜂がぶんぶん飛び回っていまして、おかしいなあいつもは巣から離れないのにと巣をのぞき込むと、正面向かって右側上に、黒とオレンジの縞も鮮やかでグラマラスなむっちり体型のデカい蜂が一匹、肉団子状のものをこねこねこねこね。こいつぁもしかしてスズメバチ?

比べると小学生みたいに見えるささやかなアシナガバチのごくごくわずかな一部が左上の隅に肩寄せあうように辛うじてとどまっています。みっしりとまっていたほかの蜂はみんな何処ぞに飛び立って様子見か。

写真を撮ろうと急いでスマホを取りに行き、戻った時にはスズメバチはお帰りでした。
その後時間をおいて見に行くと、姿を消していた蜂たちが徐々に戻ってきた様子。
スズメバチ襲来後

巣を捨てていなくなるかと思っていたので不思議というか、ほっとしたというか。
その日の洗濯物は念入りに裏表を確認して取り込みたたんだのでした。

ウォーキングの帰り道、神社横を流れる用水路の流れにアメリカザリガニ発見!
最強スズメバチ (3)

真っ赤なボディー立派なはさみ。10cm以上はある、と思う。
子どものとき以来だ、川に居るアメリカザリガニ見るの。
昔は何でもいたし捕まえたなあ。しみじみ…

今日の拾い物。
アルプス乙女
アルプス乙女

木の下を見たらまだ綺麗そうだった実がひとつ。
拾い上げたら傷は無し。そのかわりヘタのくぼみから今まさに潜り込まんとしているちいさなイモムシ発見。
草むらにお引き取り願って横取りしてきた次第です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR