FC2ブログ

大満足の焼き上がり!

上田の山窯で焼いてもらった作品を、やっと持ち帰ってきました。
先月下旬、5日間昼夜にわたって焼いたものです。人形作家Kaoさんが窯焚きのお手伝いに行ってる縁で(もちろんKaoさんの作品も入ってる!)、今回私の作品も一緒に入れてもれらえました。
今行っている陶芸教室が今年いっぱいで閉めることが決まっていて、山の窯も今年はとりやめだったから、すなわち私の山窯はこれが最後でした。
いつも変なものばかり造形していたので、最後ぐらい使えるものを作るかと、数年ぶりにろくろをひいてみました。

いやあ!できるもんですね!ちょっとかなり安心した。
陶芸やってますというならろくろ引けないと嘘だぞ!なんて言われてたので。
きっと土が良かったんでしょう。山焼き向きの赤土はとても扱いやすかった。

焼く前。
P_20200910_104351_p.jpg

P_20200910_104751_1_p.jpg

焼き上がり!

花器
P_20201015_161019_p_1.jpg
これはたたら作りです。板状に成形した土を組み合わせたもの。
絵を描くつもりで白化粧かけたのですが、年内に描けそうもなかったので山窯に入れてもらいました。

P_20201015_161200_1_p_1.jpg

これだけ黒い土、黒泥(こくでい)です。
P_20201015_161232_p_1.jpg

P_20201015_161410_p_1.jpg

一輪挿し
P_20201015_161434_p_1.jpg

P_20201015_161515_p_1.jpg

剣山。 こんもり三角のはライチョウのイメージ。
P_20201015_161850_1_p_1.jpg

器 これがろくろ作品。
もうひとつお皿も引いたのですが、乾燥中に底にひびが入ってしまったので土に戻しました。
P_20201015_161751_1_p_1.jpg

湯呑には大きすぎ、茶碗にするにも深すぎる。両手で持ち上げないともてません。大きくて重くて。水500ml入りました。
一緒に焼いた友人のビアカップと3か所くっついちゃったらしいのですが、Kaoさんがうまく修正してくれて、いったいどこがその箇所なのかわかりません。

器の底 
P_20201015_161800_1_p_1.jpg

剣山をいれて
P_20201015_161943_p_1.jpg

変なもの
P_20201015_161608_1_p_1.jpg
ろくろに残った土をヘラでこそげたときにおもしろい景色になったので、ほぼそのまま焼きました。こういう偶然の産物が好き。

一応花器
P_20201015_161655_1_p_1.jpg

これまでのウチの教室の山窯が足元にも及ばぬ焼き上がり!ウチの窯が特殊すぎるんですけどね、チャレンジャーな先生の意向で。でも同じ苦労をして焼くならちゃんと焼けるほうがいいに決まっています。
お手伝いにも行けず、すべてお任せで申し訳ないことでしたが、こんなに素晴らしく焼いてもらって感謝です!




にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



マイカップ

先週陶芸教室に行ったら、焼きあがったよ~と、友人の猫頭さんがカップを二つ見せてくれました。
以前、カップを作ってと頼んでいたのです。
自分で作れるじゃん!作りなさい!と言われたのですが、いや、私食器作れないもん。

前相方用に作ったカップは使いづらいと言われて使ってくれないから、陶芸教室でのお茶用に自分で使ってます。
それ以前に使っていたのはネスレの真っ赤なおまけカップでした。

彼女は猫の陶器類を、こんなの作ってと注文を受けては作って売り、売れる人。
注文を形にして売れる製品にするのはすごいと常々思っていたけれど、買いたいと思ったことは実は無かった。
それが、いつ頃だったか全然違うタイプのものを作るようになり、最初それが彼女のデザインとは気づかなかった。

これどなたの?と聞いたらあたし、言われてびっくり。聞けば、ずーっとこういうの作りたかったんだけど、注文品が多くてこっちに手が回らなかったんだよ、ちょっとそろそろ自分のやりたいことやりたいなーっと思って。

そうだよ!わたしはこういうの大好きだ!カップ作って!
…そして冒頭に戻る。

IMG_20180922_201905.jpg  IMG_20180922_201550.jpg

IMG_20180927_112107.jpg  IMG_20180927_112121.jpg



黒いほうは大き目で相方が、青いほうは私が使っています。
彼女としてはもっとくっきり柄が浮き出る予定だったらしいけど、この、霧の中を気ままに散歩してる猫の風情のぼやけ方が気にいったので私こっち!と即座に手に取りました。
今まで使っていたマグカップ基準だと、なみなみ入れて7割しか入らないのですが、まあ使い続ければなれるでしょう。

相方も良くできてるなと感心しきりですぐ使い始めました。私の作るものはろくに見もしないくせにと思いつつ、まあ興味ないんだから無理強いはできんしね。使えるものも作らないし。いや、作れないし。

作りたいものを作って人にも喜ばれるものを作れるという意味で、羨ましいなあと思います。
私の陶芸は自分のためにやってるからそういうことは無理だけど、何か別のことで誰かに喜ばれるもの作れるといいなあと思うのです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

窯焚きは楽しい

街には金木犀の薫りが満ちています。最初は16日でした。
午後出かけた時にほのかに香っていたのが日に日に強くなり、夕方仕事帰りで家の近くまで来た時には濃厚だった。
夜の一歩前ぐらいの暗さで、見回しても金木犀の木は見えず、だからなお強く感じるのかもしれません。

多分ちょうどそのぐらいの時間帯に、私が手伝いに行った須坂の窯焚きが終わった頃合い。

須坂の山の中腹にあるその窯は、三つの穴窯のうちの一つ。

IMG_20180916_184356.jpg

予定では15、16、17日だったのですか、16日の夕方から夜にかけての予定でいったところ、
「昨日の雨がひどくてスタート今日にしたんだよ」ということで、まだ300度前後でした。
この後時間を掛けて窯全体を温めて蓄熱します。そうしないと1000度より上に上らなくなってしまうのです。この窯はそんなに温度を上げないんだよ、と言いつつ1260度で一定時間は焼きます。
焼き方や時間も人によってそれぞれで、何を求めるかによって変わってきます。そんな話を聴くのはとても楽しい。

燃え盛る炎を眺めながら話はつきません。
IMG_20180916_200026.jpg

話を聴くほどに今まで私が参加してきたいわゆるうちの山窯が、どれだけ特殊で偏っていたかを初めて知る。いや、今までも薄々感じてはいたが。

窯から出したら連絡くれるそうなので、焼き上がりを見るのがとってもとっても楽しみです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

焼き上がりました。

作品焼きあがりました。
結局窯出しには行けなかったのですが。

こんな感じです。
猫顔1
IMG_20180902_145626.jpg

猫顔2
IMG_20180902_145657.jpg

その他
IMG_20180902_145757.jpg

そしてこちらは別の作家さんの穴窯で焼いてもらう作品。
IMG_20180827_172352.jpg

急な話だったので急いで半日で作ったもの。素焼きできないまま入れてもらいました。15,16,17日の三日間ですが、半日だけだけど手伝ってきます。
ほかの方の山窯は初めてなので、勉強させてもらってきます。

庭のミズヒキ
IMG_20180904_060343.jpg

7月から咲き始めてましたが、やはり今時分がよく似合います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

明日から山窯焼き

今年も戸隠の山の窯焼きが始まりました。
昨日おとといが窯詰めでした。私は土曜日に行ってきたんですが、
戸隠は涼しかった。長袖シャツの上に作業用の割烹着を着て、日陰で肌寒いくらいに。

今回の山焼き用にと作ったのは、これ。
IMG_20180811_162648.jpg

IMG_20180811_162655.jpg

IMG_20180811_162927.jpg

うとうとと、うたた寝したときに見た夢がもとになっていたような気がする。この造形。
私にしては珍しく、紙に起こしてそれを見ながら造作しました。
夢の中のものをのまま再現はやっぱり出来なかったけど、迷いなく一気に作れたので満足です。

もう一つ作ってたのは、間に合わなかった。今も鋭意作成中。
いつできるかなー…

日程表では明日から焼きはじめるのことになってるけど、もしかしたら今日からもう焼いてるかもしれません。
徐々に温度を上げながら、24時間5日間。手伝いに行けないのですべてお任せです。お願いします。

窯出しは来月頭の土日。休みのどちらかに行く予定です。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

プロフィール

どらこ

Author:どらこ
おもしろそうと思ったら、とにかくやってみないと気が済まない。不器用なくせになんでもやりたがりの記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR