大忙しの九月に向けて

八月最後の日。
仕事上のイベント盛りだくさんで、時にプレッシャーから胃が痛くなったこともあったけど、とにかく終わるのです。
月末は絶対ばてていると確信していたので、今日は休みをとっておきました。
いつもより二時間も余計に寝たのにまだ足りなかったらしく、なかなか持ち上がらないまぶたをこじ開けて起きだし、さて、陶芸教室に行くだ!

昨日本焼きしたはずだから、昼過ぎには出せるはず。
頼まれた線香立てやコロンとした花器など、こまこましたものが焼きあがっております。
そんななか、まともなものがひとつふたつ。

掘り出したカップです。
IMG_20170831_212241.jpg

前回の虎を描いたカップは、高さが足りなくて中身があまり入らず、新たに作り直すことにしました。相方の誕生日のプレゼントだったので使ってもらえなければ意味がない。
で、どれだけ大きく作ればいいいんだろう?というお試しもかねて掘ったこのカップ。
作ってる途中ではカフェオレボウルか!と自分で突っ込みいれてたほど大きく見えてたのに、いざ焼きあがったら自分で使ってるカップと大きさも入る量もほぼ同じ。こちらのほうが厚みがあるので、見ての通り掘りまくりました。楽しかった。

これだけ厚ければ持つとき少しは断熱するか、なー?という希望は叶わず、熱い紅茶をいれたらやはり熱かった。
うーむ。やはり掘る楽しみはおいておいて、ろくろ引いて作るしかないか。ちゃんと取っ手付けて。

こちらは、にっこりチャーム。
IMG_20170831_214212.jpg

型抜きした端切れ部分みたいなのに顔を描いてみた。気に入っています。
一緒についてるのはミニトマトの羊毛フェルト。完熟と完熟前。
友人に、バックに付ける飾りで赤くてころんとしたのが欲しいとリクエストされ、作ったもののうちの一つです。
りんごも作りました。これからの季節はりんごだな。量産しよう。

明日から九月。
十月に山の窯をやることが決定しました。九月中に作品を作って素焼きまで済ませなければいけません。
大忙しです。ひと月で仕上げられるかな。がんばるゾっと。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

着々と!

またやってしまった。ご無沙汰しておりました。
さっき夕食後に溜まっていた新聞やっつけました!一時また一週間分溜まったんですが、ここにきてはかがいくようになり、さっき今日の分のを読み終えたとこです。順番間違えて昨日の分を最後に読んじゃったんですが。
なに、連載小説の内容が微妙にずれただけで大した問題はありません。

ご無沙汰しているうちに次の陶芸作品が焼きあがりました。

IMG_20170702_162955.jpg

猫とウサギの文鎮。その他ミニ花器。

猫の横顔
IMG_20170702_163133.jpg

猫は茶そば釉というのを掛けたんです。さび猫ふうになるかなーと思ったんですけどねー。もちょっと黒っぽく仕上がってほしかった。ちなみに焼く前の姿はこちら。

IMG_20170612_160439.jpg

IMG_20170612_160454.jpg

たまたまできた、滑らかな曲線。もうできないでしょうね、この造形は。

第三弾もただいま造作中。つくりたいものは次から次。きりがなくてやめられない!


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村


復帰しました

陶芸教室に入りなおしました。9年ぶりです。
その昔は一日中教室で土いじりをしていたものですが、仕事を始めたらそんな余裕はなくなり、それでも最初のうちは朝早起きして時間を作っていたんですが、一年間で実働10日間ぐらい、一回2時間。それが限界。その時作ったのがこれ。

正面
SN3S0929.jpg

それ以来の土いじりです。メンバーは新しい人がずいぶん増えたと聞いていたけれど、昨日は当時のメンバーばかりで、復帰を喜んでくれました。また変なもの作るの!というのがご挨拶。
しかしまずは土を使えるようにしなければ。

9年前から放置していた陶土を数日前からバケツの水にドボンして柔らかくしておいたのですが、柔らかくなり過ぎてさらにだまになった土をヘラで作業机にこすりつけて均し、だまをつぶしててまとめたものを外の風に当てて乾燥させて、菊練りしてまとめる、というところまでやってきました。

IMG_20170409_154806.jpg

根気のいる仕事だねーと私の地道な作業を見ていた仲間に言われました。ほんとにそう。力もいるしね。でも苦にはならない。だって念願の陶芸再開ですから。
それに、いろんな刺激や情報も入ってきて、新たな世界が拓けそう。

挨拶代わりにりんごのクラフティを焼いていったことからりんごの話になり、そしたら一人が
「りんご買ってるの!言ってよ!あげるよ!っていうかもらってよ!残って困ってるんだよ。うちのウサギほっぺた膨らんじゃってさ、もしかしてりんごくれ過ぎかと思ってりんごやめてフードに戻したら治った!ぼけててもいいんだよね、今度持ってくるから!」

さすがにこの時期のりんごはボケボケで生食は無理だけど、塩とレモンと砂糖をまぶして食べる塩レモン漬けが思いのほか美味しくてこのところずっと作っています。これならぼけてても関係ないのです。
あ、りんごがぼけている、というのはシャリシャリ感がなくなり口の中で崩れていくような果肉の状態です。こういうのが好きという人もいますが、まあめずらしいでしょう。
私はふじとかシナノゴールドとか秋映とか、カリカリの固い果肉と適度な酸味があるりんごが好き。

それに今回焼いたこのクラフティに使ったりんごはこの塩レモン漬けりんご。煮りんごより砂糖も控えめだしあっさりしていて、煮りんごを使ったケーキはだめという人にもこれ美味しいね!と好評でした。
次の週末大量にぼけりんごを持ってきてくれるそうです。持って帰れるかな。

おっとすっかりりんごの話になってしまった。陶芸の話です。
今日は朝から夕方までやってきました土いじり。実は今疲れ切って虚脱状態です。明日から仕事なのに。

あれも作りたいこんなのもやってみたいと昨日の晩から考えすぎたせいか、いざ土に向かうと気持ちが空回りして思うように形になりません。かろうじてろくろでひとつ、花瓶を引きました。
もともとろくろはあまりやらなかったので、たぶん10年ぶりぐらい。先生が「一回引くか?」と手本を見せてくれ、初心者にするようにひとつひとつ説明もしてくれ、ほんとに助かりました。

それで、これです。
IMG_20170410_150856.jpg

奥が先生の見本。サクッと作りました。
手前が私。悪戦苦闘の末の作。
今度行ったときに削りの練習に使います。

菊練りもろくろも、一度体で覚えたものは何とかなるものですね。
菊練りなんて昔より上手いんじゃないかと思ったわ。陶芸やりたくなるたびに頭の中で菊練りしてたせいかしら。
ぐっぐっと力を入れて土を押し込み乍ら、ああこの感触。そこはかとなくこみ上げるものが。いや、ぐっと堪えたさ!

教室の帰りに見かけた、エリカ
IMG_20170409_162214.jpg
先は明るい、という気分。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR