FC2ブログ

ゆるゆる

久しぶりに歩いて農産物直売所へ野菜の買い出しに行ってきました。冷蔵庫の野菜室がほぼ空っぽ。昨日相方が買ってきた大根が一本ゴロンと入っているのみ。

空は青く晴れ渡り、歩くには気持ちの良い日です。リュックをしょっていつものお寺の裏の坂道を上ると、鮮やかな緑が目に飛びこんできました。

P_20200126_112053.jpg
黒いのは私の影。

そのまま視線を上げると竹藪に青い空。

P_20200126_112110.jpg

数日前に雪が降りましたがあっという間に溶けてしまったので、何処にも雪はありません。道端にはオオイヌノフグリが群れて咲いていますしね。

坂道を上り切り、開けた視界に飛び込んでくる青空とけぶる山。
P_20200126_112149.jpg
あー爽やか。

煮る用のリンゴと生食用のリンゴ、雪中キャベツ、あずき、それとみずみずしい葉っぱがついたコカブ!これは帰ったらすぐに漬物にしよう。
それらをリュックに詰めて、ついつい遠回りして帰る。歩き始めた時は最短距離で帰ろうと思うのだけど、途中から肩や背中の痛みを忘れてぼーっと景色に見とれていた。いつもの景色なんだけど。

お布団干してミツと遊んでアイロンがけして、今はこたつにあたりながら千秋楽の相撲を見つつこれ書いています。
外は強い風が吹いています。穏やかな一日が暮れていく。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

今季最後の地附山

先日、お昼に早退けして地附山に行ってきました。
山を歩いてくるつもりでしたが、前日からめまいふらつき気味のうえ、クマよけの鈴を持ってくるのを忘れ、これは山に入るなということかも。一番の目的はリンゴの王様サンふじを買うことだから、それで良しとしよう。ここの農園直売のサンふじは絶品で、出るのを心待ちにしていたのです。 

紅葉で有名ないつものお寺を景色に見とれながら通り抜ける。
P_20191121_130516.jpg

前回リンゴを求めて来たときよりも、ごっそり体力が落ちているのを感じて、公園まで上がっていくのもやめて、ちょっとだけ上ったお気に入りの景色を望める場所でお昼ご飯を食べることにする。

先にご飯食べてからリンゴを買おうと思っていたけど、殆ど同時に直売所に来た年輩のご夫婦の奥さんが、一目散にリンゴの箱に突進して袋に詰めていくのを見て、こりゃあ後回しにするとリンゴが無くなる… 私もりんご選びに取り掛かったのでした。
大小取り交ぜて10個ほど買い、それを持って坂道を上る。前回よりは軽いかな。推定リンゴ2個分くらい(←帰宅して一番おおきいリンゴの重さを量ったら、450gでした)。

お気に入りの景色を前にお昼のサンドイッチを食べながら、あ~やっぱ山で食べるご飯は美味い!とひとりにやにや。

眼下の街並みが陰ってきたと思ったら
P_20191121_134640.jpg

空には厚い雲が光っていました。なんか迫力あるな。きれい。
P_20191121_135639.jpg

さてと。リンゴを背負うのと手で持っていくのとに振り分けて、そろそろ行こうか。
また来年来るよと見事な黄色に色づいている木に声を掛けて、下ってきました。
P_20191121_135559.jpg


帰りも同じコースをたどってきたけれど、下りだと見える景色が違う気がする。
P_20191121_142133.jpg


家に帰り着いて、リンゴの箱にサンふじを収める。
P_20191121_144939.jpg


実は冷蔵庫の野菜室とチルド室にも、合わせて10個近くリンゴが入っています。でもまだ足りない。美味しいりんごが沢山ないと落ち着かない。
明日、相方に頼んでみよう。車で一緒に行ってくれるように。明後日の24日で地附山閉まっちゃうからこれが今季最後の機会。サンふじ好きの相方だもの、美味しいりんご食べたいでしょと言えば否やはあるまい。

我ながらちょっとおかしいと思う、今年の私。 



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村  

あしたは…ウフフ

仕事をお昼で早退けして、地附山にいってきました。
最初はそのつもりはなかったのですが、駒形神社健脚コースを歩いてきました。
朝っぱらから同僚のぶち切れヒステリーにつきあわされて(好き放だい言ってあんたははすっきりしただろうけどあとで謝まったら済むと思ってるのか?これで何度目だ?)、目の前がくらりと歪むほどむかついたのを押し殺して何事もなかったように仕事を続けたらもう気分悪くて山歩きしないと気持ちが腐る。

神社の横からコースに踏み込んだとたん、しまった!と思ったね。すっかり秋の山の様相で、どこでクマさんとひょっこり鉢合わせしてもおかしくない。クマよけの鈴は持ってきてないし、とそこに落ちていた手ごろな枝を拾って打ち合わせながら進む。
でも固くない枝だったので鈍い音しかせず、打ちつけるたびにぱきんぽきんと折れていく。うむむ。

よしそれでは。
あ、え、い、う、え、お、あ、お か、け、き、く、け、こ、か、こ・・・朗読講座の授業の最初の発声練習を、大口あけて発声しながら、のぼるん、だけど、はあ~何でこんなに疲れるのぉ~脚が上がらないっ 発声しながら登るのは2回が限界でした。
この先苦しいヤマが2か所あって、そこを越えれば登りきる。・・・ よし見えた!

なだらかな下りはさっき拾った棒を手に、今度は居合の抜刀の練習。
拝むように柄に手を掛け、左半身を後ろに引き、鞘から刀身を抜きつつ、右手小指をてこにして、抜く!
吹く風は冷たくまだ紅葉はまだだけどところどころ色づき始めた樹々のトンネルを歩くのは清々しい。
P_20191101_135410.jpg


さて。お昼ご飯たべてからリンゴ買って帰ろう。
P_20191101_140221.jpg


明日はね、うちに子猫が来るんです。遠く山口県で友人が保護した猫を、その友人が届けにきてくれる。

遮るもののない広い砂浜で、砂で目をがちがちに固められてぽつんとそこにいた子猫を見つけてしまい、置き去りにできずに拾い、獣医さんに連れてくと生後3週間ぐらいだねと言われたそうな。
獣医さんの処置と友人の献身的なお世話ですっかり元気になった可愛いかわいいこの子を飼うことが出来ない。そこで、私なら安心して託せる、と思い出したそうな。思い出してくれたのはうれしいけど、よくまあ長野まで連れていくなんて考えたもんだ。愛だね。深い愛。

そんな大変な思いをして来る友人に何か私にできること。
美味しいりんごと大好評のくるみのクッキーケーキをお土産に!ということで、シナノスイートとかシナノほっぺとかシナノゴールドとか、私のお気に入りの地附山の直売所まで買いに行き、帰宅してからくるみのケーキを焼きました。

ああまちどうしい。うちに来る段階で生後約1カ月。親も兄弟もいないこんなに小さい子猫を単体で飼うのは初めてです。
準備は万端整っています。あとはあしたを待つばかり。
ドキドキうふふ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

りんごを買いに

今か今かと待っていた秋映が店に出回り始めました。ほかにも紅玉、シナノドルチェ、シナノピッコロ等々。

よしそれでは!ということで、午前中地附山ウォーキングにいってきました。駒形嶽駒方神社でお参りし、横のウォーキングコースに踏み込む。あちこちの山や里でクマが出没してると聞いてるので、クマ除けの鈴を手に持ち常に鳴らしながら進みます。健脚コースだけあって、しかも久しぶりに歩くと坂道がきつい!もうはあはあ。
 
ひと息ついた金毘羅神社からの眺め。
P_20191007_113301.jpg
風が気持ちよかった!


見晴らしの良いビュースポットまで足を伸ばそうかと迷って今回はやめ。歩くのも目的だけど、今回はりんごを買いに来たのです。いつものりんご農園の無人直売所。重いの覚悟でたくさん買うつもりで来たので体力は温存しなければ。

下りの途中で道の真ん中に見つけた、そこそこ大きい糞。に群がるフンコロガシにコガネムシ。
P_20191007_115659.jpg
まだかわいてもいない状態で、木の実の種のようなものがものが見えた。これは一体誰の落とし物?

じっくり観察したのちコースを下りきって公園へ。ひと休みして、汗が冷えて寒くなってきたのでそろそろ動くかと直売所へ!おお、あるある!

一番の目的である秋映と、なんて大きい紅玉!、20世紀梨などあわせて11個550円。重さは5kg前後(推定)。
重くて背中が痛くてリュックをしょっていられず、終いには前にまわして抱っこしてきた。

奥の二つが紅玉。こんなに大きいのは珍しい。1個100円。手前がちょっと小ぶりな秋映。少し傷あるだけなのに、1個10円。
P_20191007_140246.jpg
これは、紅玉じゃなきゃりんごじゃない!というほど紅玉好きの人にあげる分です。


行き帰りに通り抜けてきた紅葉寺として有名な寺の紅葉。
面白い色づきかた。
P_20191007_110119.jpg

山の木々もまだ青々しいものが多く、深紅の紅葉はまだまもう少しのようです。



今頃になって顔が、ほっぺたが熱くほてってきた。
曇り空の中、帽子をかぶって出てきたけれど、後ろで縛った髪が引っかかってちゃんとかぶれなくて、早々に取ってしまったツケががいま(>_<)



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村




りんごを訪ねて

お盆過ぎれば秋風が吹くというのを、今年は身を持って実感しました。
それまでは夜寝るときに、網戸でカーテン全開で半袖シャツで何も掛けずに寝てもまだ暑い!それが台風10号の影響で30度近いままの夜を、強風のために窓をわずかしか開けられず寝苦しい夜をすごしたのを機に、めっきり涼しくなりました。

最低気温が20度を切るようになり、今ではしっかり窓を閉め、首まで上掛けを掛けても朝方喉がガラガラする。
日中吹く風も冷たくなり、今も肌寒さを感じます。夜明けが遅く夜は6時半にはもうまっくら。セミも鳴くけど勢いがなく(と聞こえるのは思い込みか?)草むらからは虫の音が。同じ8月とは思えない。一週間前は真夏だった。

最高気温予報が30度以下のこの頃。歩きに行くのに良い季節!久しぶりに山のリンゴ畑の様子を見るため歩きにいってきました。
風が気持ちいいとはいえ日差しはじかに浴びると熱いので、首に手ぬぐい帽子に日傘。朝の9時半出発。

春以来の山のリンゴは重そうに実っています。

シナノゴールド。これから黄色く色づきます。
程よい甘味と酸味。カリカリした歯ごたえ。一番好きなリンゴ。日持ちも良いですしね!
P_20190826_100522.jpg

P_20190826_100950.jpg

P_20190826_101125.jpg

この看板をじっくり見て登っていくのです。
P_20190826_100852.jpg

リンゴ畑を見下ろしつつ進んでいくと、うっそうとした木立の中へ。林の中から何かが出てきそう。
何も出てこない代わりに顔の周りに虫がぶんぶんまとわりついて・・・いや違う、虫が群れているところに私が侵入突撃してる感じ。そんな風に感じるほど虫の密度が濃い。畳んだ日傘を顔の前で振り回しながら木立を抜けると、

P_20190826_101747.jpg
この手前半分、葛の原。

因みにこれが葛の花。
P_20190826_101310.jpg
花が咲いていなくても、甘い香りが濃く漂っています。

さらに進んでいくとこの葛が道の両脇に繁茂して塀の様に盛り上がり、本来見えている街の景色を隠していました。

葛に囲まれた道を抜けると、さっき歩いた道を見下ろせる場所に出ます。
P_20190826_102047.jpg
いつ見ても特異な景色。白く塗られたリンゴの木の畑がぽっかり浮かんでいるような。

さてこの先もまだ続きます。
P_20190826_102123.jpg

なんか最近この道荒れ気味なのよねと思いつつ踏み込むと、やっぱり・・・。両側からかぶさってくる草、道の真ん中で踏み砕かれたような?太い木の枝。クマ出没してるのかしら。それでもおかしくないありさま。ちょっと急いで通り抜け、また開けた景色を眺めつつ、この先のおうちに楽しみにしている百日紅の木が、

あった!
P_20190826_103417-1.jpg
いつ見ても奇麗だよ!

さああとは下るだけ。買い物して帰って2時間ほど。
久しぶりののんびりお山のウォーキング。気持ちよかったぁ。


おまけ。最近我が家に来たメダカの稚魚。
P_20190825_120733.jpg

実家でホテイ草買ってメダカを入れて楽しんでいたらホテイ草があっという間に増殖して、雨水を溜めてるドラム缶に分けたんだそうです。で、いるならあげるよと言われてそのドラム缶からもらってきたのを水槽に入れたら、メダカの稚魚がついてきた、と。
20匹あまり。実家でもびっくりしとりました。なんか得した気分。
最初ボウフラとまちがえたほど小さく透き通っていたけれど、ほんの数日のうちに黒く輪郭が濃くなってきました。
毎日眺めて楽しんでいます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村


プロフィール

どらこ

Author:どらこ
おもしろそうと思ったら、とにかくやってみないと気が済まない。不器用なくせになんでもやりたがりの記録です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR